1. トップページ
  2. 大学紹介
  3. 大学概要:カリキュラムポリシー(学部)

大学紹介

カリキュラムポリシー(学部)

工学部ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下のような方針に基づいて必要な科目を開設し、学習者が主体的に学修できる科目運営を取り入れるとともに、科目間の連携を高めた体系的カリキュラムを編成する。

  • 1)人文科学、自然科学、情報技術、経営、知的財産および環境共生などに関する科目によって、技術者に求められる幅広い教養を養う。
  • 2)継続した英語教育によって、英語による基礎的なコミュニケーション能力を養う。
  • 3)必修・選択(選択必修を含む)科目によって、専門分野の広範な知識を体系的に身につける。特に重要な科目については、履修機会を徹底して保証する。
  • 4)実験・実習・探求演習(Project Based Learning、PBL)科目によって、自発的・継続的に学修する能力、理論的思考力ならびにコミュニケーション能力や協働への意識を養う。
  • 5)技術者倫理に関する科目によって、技術者としての使命観ならびに倫理観を養う。
  • 6)学士課程教育の集大成とする卒業研究によって、論文をまとめる理論的思考力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力など、実践力のある専門的技術者として必要な能力を養う。

都市デザイン工学科ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。

  • 1)都市デザイン工学の各領域に共通する教育プログラムを展開する。
  • 2)社会や歴史、環境への理解と創造的な発想にもとづいた都市や地域の空間のデザインおよび社会基盤整備の計画に関する教育プログラムを展開する。
  • 3)構造物の設計に必要な基礎から応用までの構造力学を修得し、橋梁などの構造物の設計、施工に関する教育プログラムを展開する。
  • 4)さまざまな建設材料の基本特性やコンクリート構造の設計に必要な基礎理論の理解と、コンクリート構造の施工、維持管理に関する教育プログラムを展開する。
  • 5)社会基盤施設を支える地盤や土構造物の設計に必要な土質力学と、道路の設計、施工、維持管理ならびに地盤防災に関する教育プログラムを展開する。
  • 6)河川・海岸にかかわる防災、利用、環境のための計画、調査分析、設計、維持管理に関する専門知識と技術を身につけるための教育プログラムを展開する。

建築学科ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。

  • 1)基幹科目は、演習および卒業研究で構成し、関連する諸分野の知識を統合して、強・用・美のバランスのとれた創造的な空間を提案できる能力を養う。
  • 2)建築設計・計画分野では、高度な専門知識の基盤を備えるための講義により、機能的で美しい建築を計画・設計するための幅広い基礎知識を身につけ、また演習科目により、自分のアイデアを表現する能力・技術を養う。
  • 3)建築環境工学・設備分野では、演習科目を中心としたカリキュラムにより、良好な建築環境を創造し、維持するための基礎知識や技術を身につける。
  • 4)構造力学・建築一般構造分野では、講義・演習で構成するカリキュラムにより、安全な建築を計画・設計するための幅広い基礎知識や技術を身につける。
  • 5)建築材料・生産分野では、講義を中心としたカリキュラムにより、建築の材料や施工法に関する幅広い基礎知識を身につける。
  • 6)共通科目では、建築に携わる者が共通して備えるべき幅広い知識や倫理観を身につける。

機械工学科ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。なお、学修に際しては、日本技術者教育認定機構が定める国際基準に準拠したカリキュラムから構成される発展コースと、機械工学科の専門性を生かした実践コースのいずれかを選択する。

  • 1)コースごとの基本ポリシーに基づきそれぞれの学修を進める。
    【発展コース】
    • a)専門共通科目では、社会における機械工学の位置付けと機械工学技術の役割を理解し、工学的倫理観を養う。
    • b)機械工学に関する実験・実習では、塑性、切削、鋳造、板金、溶接などの機械工作を体験学習するほか、材料、振動、流体、熱、制御、加工に関する実地課題に取りくみ、座学で学習した専門科目の理解を深める。
    • c)コンピュータを用いた情報演習では、プログラミングを機械工学における主要な問題に適用し、工学上の課題を数値解析的に分析できる能力を育成する。
    • d)デザイン能力を養うためのエンジニアリングプラクティスでは、グループで企画・設計・加工・組立て・分解から評価までの一連の機械ものづくりを体得し、豊富な発想力や想像力を養う。
    • e)工学コミュニケーション英語応用では、英語を用いて文化や言語が異なる人々と情報交換できる国際的なコミュニケーションの能力を養う。
    【実践コース】
    • a)専門共通科目では、社会における機械工学の位置付けと機械工学技術の役割を理解し、工学的倫理観を養う。
    • b)機械工学に関する実験・実習では、塑性、切削、鋳造、板金、溶接などの機械工作を体験学習するほか、材料、振動、流体、熱、制御、加工に関する実地課題に取りくみ、座学で学習した専門科目の理解を深める。
    • c)コンピュータを用いた情報演習では、プログラミングを機械工学における主要な問題に適用し、工学上の課題を数値解析的に分析できる能力を育成する。
    • d)機械工学の専門科目である材料力学、機械力学、流体力学、熱工学について、座学で学んだことを演習形式で復習することにより基礎・応用力を強化する。
  • 2)設計・製作分野では、ものづくりに必要な図面を作成する能力を養い、機械要素の強度や機能、選定方法および設計方法にかかる能力を養う。また、機械をつくるための材料、加工、製作、生産技術に関する基礎知識も学習し、CADを体得しコンピュータを利用して効率的に設計する能力を養う。
  • 3)材料力学・機械力学分野では、機械構造物の設計・開発に必要な専門知識として、部材に作用する力や変形を明らかにし、適切な形状や寸法を定める能力を養う。また、運動と力の関係を学び、機械の運転に伴う振動現象を解析する能力を養う。
  • 4)熱・流体分野では、エンジン、ボイラ、ターボ機械などのエネルギー機器や、流体が性能に大きく関与する飛行機、自動車など輸送機械の設計・開発に必要な専門知識として熱・流体現象を定式化する能力を養う。熱と流れの基礎理論を学び、サイクルの熱効率、仕事量、伝熱量、管内流れのエネルギー損失や物体に作用する流体力などを計算する能力を養う。また、エンジン、ターボ機械の作動原理、設計方法、問題点とその対策について考える力を養う。
  • 5)計測・制御分野では、機械の性能や完成度を決定づける「ものを測って動かす」ための分野横断的かつ基幹的な学問分野を学習し、計測、制御、メカトロニクス、電気回路、ロボットの諸概念や基礎的な考え方を理解した上で、様々な現象を把握して機械をシステムとして捉えて解析し、目的を達成する制御系を設計する能力を養う。

電気電子システム工学科ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。

  • 1)電気電子システム工学が社会で果たす役割を認識し、サイエンスと関連づけながら電磁気学などの必要な基礎知識を身につける。
  • 2)学んだ知識を実験・演習を通じて補完し、社会に出たときに活用できる、より実践的な能力を養う。
  • 3)電気電子システム工学科の基礎として電気電子回路についての基礎知識を身につける。
  • 4)電気を利用するために必要な材料やデバイスに関する知識を学び、他分野との関連性を意識できる応用力を獲得する。
  • 5)電気をエネルギーとして活用するための発生から利用に関する知識を学び、他分野へ発展する応用力を獲得する。
  • 6)電気電子分野に関わる制御や情報、通信の基本的な原理と応用に関する知識を学び、他分野と連携する応用力を獲得する。

電子情報通信工学科ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。基幹コースでは幅広く指定科目を履修することで広い視野を持つ高度技術者へ発展するための基幹能力を養い、実務コースでは資格取得に必要な科目を重点的に履修することで専門職技術者としての実務能力を養う。

  • 1)電子、情報、通信の基礎となる物理量、数式、用語について習熟し、協働作業を通じて問題解決能力とコミュニケーション能力を高めるとともに、コンピュータの仕組みと電気信号の扱い方を学び、その活用法を身に付け、電子、情報、通信分野の基本的なシステムの構築ができる能力を養う。またチームワークで課題を解決し、その過程と結果をまとめることができる、論理的思考能力とプレゼンテーション能力ならびにコミュニケーション能力を養う。
  • 2)技術者倫理と国際社会について考え、技術者の役割を自覚して社会に貢献できる意識や力を養う。
  • 3)電子工学の基礎となる物理物性とそのデバイス応用を理解し、それらを組み合わせた電子回路により、工学的な仕掛けを作りだすシステム技術を構想できる能力を養う。
  • 4)情報通信に関わる数学的知識に基づき、情報を管理するモデルを設計・構築し、習得した技術を実用のシステムの利用と開発に応用する能力を養う。

応用化学科ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。

  • 1)必修講義科目によって、化学技術に関する基礎知識と思考法および方法論を理解する能力を養う。
  • 2)実験や演習(PBL)科目によって、化学技術者としての基礎学力と実践力を体系的に身につけ、様々な課題に対して積極的に挑戦し、他者と協働して解決できる能力を養う。
  • 3)基幹および総合化学分野の選択科目によって、化学物質の取り扱いに関する知識や技術を身につけ、化学物質の有する機能・有用性を理解し、内包している危険性を認識できる能力を養う。
  • 4)総合化学分野の選択科目によって、化学分野で必要となる信頼できる情報を収集する能力や一般社会に発信する能力を養う。
  • 5)創成材料化学および環境生命化学分野の選択科目によって、持続的な社会を実現するために必要な地球環境に配慮した化学技術に関する教養ならびに化学技術者としての使命観や倫理観を養う。
  • 6)創成材料化学分野の選択科目によって、新エネルギーを創出し生活を豊かにする新しい材料を設計・開発する基盤技術に関する教養ならびに思考能力を養う。
  • 7)環境生命化学分野の選択科目によって、環境、生命、健康および食品が化学技術と深く関わっていることを理解し、新しい技術・製品を創出するために必要な応用展開力を養う。
  • 8)卒業研究によって、学修した基礎学力を未知の課題解決に導く応用展開力を養うとともに、論文をまとめる論理的思考力、プレゼンテーション能力、およびコミュニケーション能力を養う。

環境工学科ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。

  • 1)「基幹科目」によって、環境に関わる問題の本質を理解し、環境技術者として必須の実験技能や情報処理能力を身につける。
  • 2)「環境解析」によって、環境問題を定量的に評価する方法を学ぶとともに、数理モデルに基づいて将来予測を行う知識と技術を身につける。
  • 3)「環境技術」によって、環境中の物質およびエネルギー制御を目的とする各種施設を適切に計画・設計し、それらを安定的に維持管理するための技術を身につける。
  • 4)「環境共生」によって、生態系の一員である人の営みを大局的にとらえ、将来の社会のあり方を考える素養を身につける。

生命工学科ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。

  • 1)生命工学の基礎的知識を修得し、ものづくり技術を実践的協働作業を通して身に付け、その歴史的・倫理的側面を理解し、さらにプレゼンテーションを通して国内外と情報交換する能力を身に付ける。
  • 2)医工学の知識を修得し、医療・福祉分野における課題解決に応用する能力を身に付ける。
  • 3)生命科学の知識を修得し、医薬品・食品・健康関連分野における課題解決に応用する能力を身に付ける。

ロボティクス&デザイン工学部ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下の方針に基づいて必要な科目を開設し、学習者が主体的に学修できる科目運営を取り入れるとともに、科目間連携を高めた体系的カリキュラムを編成する。

  • 1)人文科学、自然科学、情報技術、経営、知的財産等に関する科目によって、技術者・デザイナーに求められる幅広い教養を養う。その前提として、日本語リテラシー(理解力・表現力)に関わる能力を高める。
  • 2)継続的な英語教育によって、英語による基礎的コミュニケーション能力を養う。
  • 3)必修・選択(選択必修を含む)科目によって、専門分野の広範な知識を体系的に身につける。
  • 4)実験・実習・探求演習(Problem-Based Learning)の科目によって、自発的・継続的に学習する能力、論理的思考力ならびにコミュニケーション能力を養う。
  • 5)技術者倫理に関する科目等によって、技術者としての使命感ならびに倫理観を養う。
  • 6)学士課程教育の集大成となる卒業研究までの学修の積み重ねにより、自らの専門分野の特性を他分野の特性理解によって正しく把握し、協働によって課題を解決できる能力を養う。また、論文をまとめる論理的思考力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力等と目的・目標を完遂する行動特性を養う。

ロボット工学科のディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下の方針に基づきカリキュラムを編成する。

  • 1)「専門横断科目」および「専門科目」では、デザイン思考に基づく実践的なものづくり、コンピュータリテラシーの強化、ロボット工学の専門的な技術・知識を修得する。
  • 2)「専門科目」では、ロボティクスの視点から機械・電気・電子・情報・計測・制御などの幅広い工学的知識を体系的に獲得する。
  • 3)「専門横断科目」では、社会的にインパクトを持つロボットを創出するために、利用者や利用環境などを踏まえた技術の適用を実現できるデザイン思考などの実践力を養う。
  • 4)「卒業研究」では、学修の集大成として個々の科目で学んだ技術や知識を融合し、ロボット工学分野における専門職業人としての実践的能力を養う。

システムデザイン工学科のディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下の方針に基づきカリキュラムを編成する。

  • 1)「専門横断科目」および「専門科目」では、デザイン思考に基づく実践的なものづくり、コンピュータリテラシーの強化、システムデザイン工学の専門的な技術・知識を修得する。
  • 2)「専門科目」では、システムデザイン工学の視点から機械・電気・電子・情報・計測・制御・通信などの幅広い工学的知識を体系的に習得し、それらの知識を融合的に活用する能力を養う。
  • 3)「専門横断科目」では、人とモノと情報とを結びつける包括的システムの創出を実現するために、利用者や利用環境などを踏まえ身につけた技術を適用できるデザイン思考などの実践力を養う。
  • 4)「卒業研究」では、学修の集大成として個々の科目で学んだ技術や知識を融合し、システムデザイン工学分野における専門職業人として実践的能力を養う。

空間デザイン学科のディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下の方針に基づきカリキュラムを編成する。

  • 1)「専門横断科目」および「専門科目」では、デザイン思考に基づく実践的なものづくり、コンピュータリテラシーの強化に関する教育を基礎として、空間デザインまたはプロダクトデザインの専門的な技術・知識を修得する。
  • 2)「専門科目」では、専門領域を以下に掲げる「空間デザイン系」と「プロダクトデザイン系」ならびに両者に共通する「デザイン共通」に区分する。
    • a)「デザイン共通科目」では、①様々なデザイン活動の基礎となる技術や知識、②デザインにおける条件や制約に対応するために必要となるデザインの各種方法論、③環境・資源問題や、ライフスタイルの変化に即応するものづくりに必要となる知識、技術等を修得する。さらに、デザインの横断的理解により文化とテクノロジーを融合させるデザインの本質的意義と価値を理解する基盤を養成する。
    • b)「空間デザイン系科目」では、建築の基幹となる科目で建築士を(わざ)とする上で求められる知識を体系的に修得し、加えて「デザイン共通科目」からの発展として、空間デザインに特化し、技術、知識、方法論を深める。
    • c)「プロダクトデザイン系科目」では、マーケティングなど実社会でデザインを創出するための方法やデザイン史等に関する知識を体系的に修得し、加えて「デザイン共通科目」からの発展として、プロダクトデザインに特化し、技術、知識、方法論を高める。
  • 3)「専門横断科目」では、グローバル社会に対応した価値あるデザインを創出すために、利用者や利用環境などを踏まえた技術の適用を実現できるデザイン思考などを養う。
  • 4)「卒業研究」では、学修の集大成として個々の科目で学んだ技術や知識を融合して、実践的な作品制作や論文に取り組み、専門職業人としての基礎と総合的な能力を養う。

情報科学部ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下のような方針に基づいて必要な科目を開設し、学習者が主体的に学修できる科目運営を取り入れるとともに、科目間の連携を高めた体系的カリキュラムを編成する。
なお、学修に際しては、日本技術者教育認定機構が定める国際基準に準拠したカリキュラムから構成されるコンピュータ・サイエンスコースと、各学科の専門性を生かした総合コースのいずれかを選択する。

  • 1)豊かな人間性を養う共通教育
    総合人間学系と総合理学系に関する教育を通して幅広い教養を身につけ、社会の多様化や高度情報化に柔軟に対応できる能力を育成する。また、キャリアデザインに関する教育により、大学での学修の動機付けを促し、社会人基礎力を養う。
  • 2)実践的な情報技術者を育成する専門教育
    • a)学科共通的な専門基礎科目では専門科目を体系的に学ぶ上で必要となる情報数学、確率・統計などの数理科学的能力を養う。
    • b)「計算機工学」、「ソフトウェア」、「マルチメディア」、「 情報・通信ネットワーク」、「産業・情報システム」の5分野では専門性を高め、さらに演習科目での学修を通して専門分野を統合してシステムを設計、実装する能力を養う。
  • 3)4年次ではそれぞれの学科で学んだ内容の集大成として卒業研究を行い論理的思考力、コミュニケーションやプレゼンテーションの総合的能力の育成を図るとともに、社会における情報技術の役割や情報技術者の責任などについても理解を深める。

コンピュータ科学科ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。

  • 1)情報コア科目となるコンピュータやソフトウェア、ネットワークに関する科目群では、コンピュータのハードウェアとソフトウェアの仕組み、プログラミング言語、プログラミング技術、ネットワークの仕組み等について学び、情報システム構築に携わる上で必須となる基礎的知識を身につける。
  • 2)プロセッサ設計、ディジタル回路応用、集積回路設計などのコンピュータハードウェアやLSI(Large Scale Integration)の設計に関わる科目、信号処理、画像処理、ロボット制御、ロボティクスなどの組込みシステムを構築するための科目、オペレーティングシステム、データベースシステム、データ構造とアルゴリズム、ソフトウェア工学などのシステム構築の基盤となる科目により専門性を高める。
  • 3)情報ゼミナールでの活動や卒業研究等を通じて、論理的思考力や文書作成能力、コミュニケーションやプレゼンテーション能力、および協働的な業務遂行能力などを総合的に育成する。さらに社会における情報技術の意義や役割、情報技術者の責任などについても理解を深める。

情報システム学科ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。

  • 1)情報コア科目となるコンピュータやソフトウェア、ネットワークに関する科目群では、コンピュータのハードウェアとソフトウェアの仕組み、プログラミング言語、プログラミング技術、ネットワークの仕組み等について学び、情報システム構築に携わる上で必須となる基礎的知識を身につける。
  • 2)ソフトウェアに関する専門性の高い科目群では、情報システムの構成・開発の重要な要素技術であるデータベースやソフトウェア工学などの技術を身につける。さらに演習系の科目群では、要素技術の実地体験を通じ、それらを統合して目的のシステムを構築するための計画、設計の技術を身につける。
  • 3)人間力を練磨することを目的とした科目群により、社会で活躍する情報技術者としての素養を身につけ、人間力を練磨する。
  • 4)選択科目では情報システムの多様な側面を理解し、かつ新しい技術を開拓していくため幅広い素養を身につける。
  • 5)ゼミナールや卒業研究を中心とする科目では、これまで学んだ専門技術、知識を駆使し、協働しながら社会に役立つシステム、ソフトウェアを提案し、雛形のシステムの開発を行う実践的な能力を養う。

情報メディア学科ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。

  • 1)低学年では、コンピュータのハードウェアとソフトウェア、プログラミング、情報通信技術および、文字・図形、画像、映像・音などの基本的なメディア技術について学び、画像・音メディアを中心としたシステム開発技術と、人とシステムのインタフェース環境を構築する基本技術を身につける。また、ヒューマンメディア科目では新しい体験を創造したり、豊かな生活を支援するために必要な能力を養う。
  • 2)3年次では情報メディア演習を通じてこれらの要素技術をもとに、人間中心の考え方をもとにした情報環境を作り出す実践的なメディア技術を習得する。さらに、4年次では、卒業研究により新しい情報メディア技術を創造できる能力を養う。
  • 3)自然科学・人文社会学・メディア関連科目・企業見学などを通じて、多様な視点から考える素養を修得する。
  • 4)ゼミナール形式のグループ単位の課題解決の機会や卒業研究を通じて、主体的に責任を持って活動する経験を積み重ね、情報メディア技術者に要求される素養を身に付ける。
  • 5)講義科目や演習科目、ゼミナール科目、卒業研究を通じて、情報メディアの特性を利用し、効果的にかつ論理的に情報を伝えるコミュニケーション能力を身に付ける。

情報ネットワーク学科ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を備えた人材を育成するために、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。

  • 1)人文社会系科目、専門分野を学ぶ上での基礎となる数理科学系科目では、社会で活躍するために必要となる知識、能力、倫理観を身につける。また、キャリア教育科目や情報技術者論、特別講義などを通じて主体的に進路を選択する力を体系的に学び情報技術者倫理や社会的貢献への意欲・態度を養う。
  • 2)専門分野では、情報ネットワーク技術を支える情報基盤技術として、計算機ハードウェア関連、プログラミング言語やソフトウェア工学、マルチメディア技術など幅広い理工学の基礎知識を身につける。
  • 3)情報ネットワーク技術では、インターネットサービスやモバイルコミュニケーションに不可欠なネットワーク構成技術、WEBサイトやネットワークアプリケーションに関するコミュニケーションソフトウェア技術、さらにネットワークからアプリケーションまで適用が不可欠な情報セキュリティ技術について学び、創造力豊かな情報プロフェッショナルとしての素養を養う。加えてプログラミング演習や情報ネットワーク演習などの演習科目によって課題解決や現実の問題に適用できる実践的な力を修得する。
  • 4)情報ゼミナールや卒業研究を中心とする科目において、学んだ専門知識や技術を生かして、社会のニーズに応える情報ネットワークの提案やシステム試作を行い、問題解決能力や技術文書作成・発表能力などの総合的能力を身につける。

知的財産学部ディプロマ・ポリシーに示した能力を備えた人材を育成するために、次の方針に基づきカリキュラムを編成する。

  • 1)導入領域および教養領域、展開領域、連携領域における諸科目を通じて、知的財産に関わる専門職業人に求められる幅広い教養と社会人基礎力を身に付ける。
  • 2)専門領域の基幹科目と知的財産法科目および技術&専門科目を通じて、知的財産法を体系的に理解し、その理解を知的財産の創造、保護、活用のために応用する能力を身に付ける。
  • 3)専門領域の基幹科目、技術&専門科目、探求科目および研究科目を通じて、知的財産の創造、保護および活用のために必要な技術、意匠、ブランド、コンテンツまたはビジネスに関する知識、ならびに知的財産を経済社会で活用するための実践的能力を身に付ける。
  • 4)専門領域の探求科目と研究科目を通じて、知的財産関連実務において生起する諸課題を自ら発見し、その解決のための調査、検討を行う能力を身に付ける。
  • 5)教養領域および展開領域の実践英語科目、専門領域の国際法・比較法関連科目を通じて、知的財産実務で活用できる英語力と国際性を身に付ける。

ページの上部へ

大阪工業大学