1. トップページ
  2. 産官学連携・研究支援
  3. 法務部門:論文発表と特許出願の手引きについて

産官学連携・研究支援

論文発表と特許出願について

発明には、未公表の新しさが求められ、この新しさを「新規性」といいます。
通常、特許出願をする前にその内容を公表すると「新規性」は失われ、特許を受けることができなくなりますので、そのような事態に陥らないよう本学の対応について説明します。

本学の考え方

論文発表と特許出願について (85KB)

卒論、修論の発表予定日の直前になって発明が完成した場合の対応

卒論、修論の発表予定日の直前になって発明が完成した場合の処理フロー (82KB)

手続様式

手続き様式はこちら(教職員専用)

  • 社会連携ポリシー
  • 研究者総覧
  • 研究シーズ集
  • 学園の公開特許一覧とシーズ紹介
  • 研究支援・社会連携センターパンフレット
  • 研究員制度
  • 学術研究倫理の係る取り組み
  • クリエイション・コア東大阪
  • けいはんな新産業創出・交流センター
  • 教職員の情報発信スペース 研究室VOICE!
  • OIT-P
  • 社会連携ポリシー
  • 研究者総覧
  • 研究シーズ集
  • 学園の公開特許一覧とシーズ紹介
  • 研究支援・社会連携センターパンフレット
  • 研究員制度
  • 学術研究倫理の係る取り組み
  • クリエイション・コア東大阪
  • けいはんな新産業創出・交流センター
  • 教職員の情報発信スペース 研究室VOICE!
  • OIT-P

ページの上部へ

大阪工業大学