1. トップページ
  2. 受賞・表彰(2018年度)

受賞・表彰

受賞・表彰(2018年度)

2018年度

学生2019.02.18
松本祥幸さんが毎日新聞社主催ヒノキヤグループ共催「第4回学生住宅デザインコンテスト」入選
松本 祥幸〈まつもと よしゆき〉さん
(工学研究科 建築・都市デザイン工学専攻 博士前期課程 建築学コース 1年)

【受賞内容】
「第4回学生住宅デザインコンテスト」のテーマ「100年木造建築」に対して、住むための機能性だけでなく、建築としての美しさと強度を備えたプリミティブな住処『自然に呼応する屋根の家』を提案。内容等が優れていると評価され入選(2018年11月11日)
学生2019.02.18
旛山莉菜さん、植村風太さん、川淵理久さん、山添恵斗さん、白井茉帆さんが、「JIDA関西ブロック 学生デザイン賞2018」の各賞を受賞
「不便益×食のデザイン」をテーマにした公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会主催「JIDA関西ブロック 学生デザイン賞2018」において、以下の各賞を受賞(2018年2月15日)。
2018年3月8日、「第5階JIDA関西デザイン教育フォーラム」の会場(大阪南港ATCビル)で表彰式・プレゼンテーション、応募作品の展示公開が行われる。

【最優秀賞】
旛山 莉菜〈はたやま りな〉さん(工学部 空間デザイン学科 3年)
 作品「枝箸 EDA-BASHI」

【優秀賞】
植村 風太〈うえむら ふうた〉さん(工学部 空間デザイン学科 3年)
 作品「のらカフェ」

【入選】
川淵 理久〈かわぶち りく〉さん(工学部 空間デザイン学科 3年)
 作品「きょうのおかず」
山添 恵斗〈やまぞえ けいと〉さん(工学部 空間デザイン学科 3年)
 作品「バラバラな、お皿」
白井 茉帆〈しらい まほ〉さん(工学部 空間デザイン学科 3年)
 作品「ベジカフェ」
学生2019.02.18
山田泰輔さん、中村翔太さんが公益社団法人商業施設技術団体連合会主催「主張する『みせ』学生デザインコンペ」で入賞
山田 泰輔〈やまだ たいすけ〉さん
(工学部 空間デザイン学科 3年)
中村 翔太〈なかむら しょうた〉さん
(工学部 空間デザイン学科 3年)

公益社団法人商業施設技術団体連合会主催「主張する『みせ』学生デザインコンペ」に応募した作品が、新鮮かつ豊かな感性と創造力がみなぎる提案であると評価され受賞(2019年1月25日)
学生2019.02.18
粟野瑞基さんが一般社団法人関西インテリアプランナー協会「第2回KIPAデザインコンペティション2018」で佳作受賞
粟野 瑞基〈あわの みずき〉さん
(ロボティクス&デザイン工学研究科 ロボティクス&デザイン工学専攻 博士前期課程 建築デザインコース 2年)

【受賞内容】
「未来のコインランドリースペース」をテーマとした学生限定のコンペティション「第2回KIPAデザインコンペティション2018」で、作品『寄るところ』が高く評価され受賞(2018年11月23日)
学生2019.02.18
西岡広登さん、奥村収一さんが毎日新聞社主催ヒノキヤグループ共催「第4回学生住宅デザインコンテスト」で優秀賞を受賞
西岡 広登〈にしおか ひろと〉さん
(ロボティクス&デザイン工学研究科 ロボティクス&デザイン工学専攻 博士前期課程 建築デザインコース 2年)
奥村 収一〈おくむら しゅういち〉さん
(工学部 空間デザイン学科 4年)

【受賞内容】
「第4回学生住宅デザインコンテスト」のテーマ「100年木造建築」に対して、林業が盛んな奈良県吉野で木材と共生する住宅『桟の家』を提案。内容等が優れていると高く評価され受賞(2018年11月11日)
学生2019.01.25
池 広大さんが応用物理学会から講演奨励賞を受賞
池 広大〈いけ こうだい〉さん
(工学研究科 電気電子・機械工学専攻 博士前期課程 電気電子工学コース2年)
指導:機能システムデバイス研究室 小池一歩 教授
   半導体ナノシステム研究室 矢野満明 教授

【内容】
応用物理学会主催「第45回 応用物理学会秋季学術講演会」で池さんが講演した「絹フィブロインで酵素を固定化した拡張ゲートFETのグルコース検出特性」の研究内容、発表がともに優れていると高く評価され、講演奨励賞を受賞(2018年12月11日)
学生2019.01.24
池 広大さんが日本材料学会半導体エレクトロニクス部門委員会から学生優秀講演賞を受賞
池 広大〈いけ こうだい〉さん
(工学研究科 電気電子・機械工学専攻 博士前期課程 電気電子工学コース2年)
指導:機能システムデバイス研究室 小池一歩 教授
   半導体ナノシステム研究室 矢野満明 教授

【内容】
日本材料学会半導体エレクトロニクス部門委員会主催「平成30年度 第2回研究会」で池さんが講演した「絹フィブロインで酵素を固定化した拡張ゲートFET型グルコースセンサの開発」の研究内容、発表がともに優れていると高く評価され、学生優秀講演賞を受賞(2018年11月24日)
学生2019.01.22
山本碧土さんがIEEE PEAC 2018「The Best Presenter Award」を受賞
山本 碧土〈やまもと あおと〉さん
(工学研究科 電気電⼦・機械工学専攻 博⼠前期課程 電気電⼦工学コース 1年)
指導:パワーエレクトロニクス研究室 大森英樹 教授

【受賞内容】
11月4日~7日、中国・深圳で開催されたIEEE主催の国際会議PEAC (International Power Electronics Application Conference) 2018において口頭発表した、山本さん、大森英樹教授、木村紀之教授、森實俊充教授(いずれも電気電子システム工学科)、津野眞仁氏(ニチコン株式会社)による共同執筆論文「A New Type of Single-Ended Wireless V2H System with Dual-Active Phase-Shift Control」が、研究内容、発表ともに優れていると高く評価されIEEEからThe Best Presenter Awardを受賞(2018年11月6日)。
学生2019.01.21
藤田知未さんが「Young Engineer Excellent Presentation Award」を受賞
藤田 知未〈ふじた ともみ〉さん
(工学部 電気電子システム工学科 4年)
指導:パワーエレクトロニクス研究室 大森英樹 教授

【受賞内容】
パワーエレクトロニクス学会で発表した藤田さんと大森英樹教授、木村紀之教授、森實俊充教授(いずれも電気電子システム工学科)による共同執筆論文「走行中無線給電式EDLC電動スクータ」が、研究内容、発表ともに優れていると高く評価されIEEE IES 日本支部から「Young Engineer Excellent Presentation Award」を受賞(2018年12月15日)
教職員2019.01.10
寺地洋之教授が第52回日本サインデザイン賞「日本サインデザイン銀賞」を受賞
寺地 洋之教授 (工学部 建築学科)

【内容】
寺地教授が監修した「大阪工業大学大宮キャンパス2号館 建築学科移転に伴う改造計画」が、優れたサインデザインであると高く評価され受賞(2018年11月21日)
学生2018.12.26
空間デザイン学科学生有志チーム「wit」が第15回 草津街あかり華あかり夢あかりの「あかりART展」で「最優秀賞」を受賞
空間デザイン学科学生有志チーム「wit」
指導:赤井愛 准教授(ロボティクス&デザイン工学部空間デザイン学科)

【内容】
作品名:仮想都市
同イベントの関西の大学生チームによる展示企画「あかりART展」において、独創的な作品デザインと空間演出が高く評価され「最優秀賞」を受賞(2018年11月21日)
学生2018.12.18
倉光佑典さん、橋本智昭講師、田原弘一教授がBest Paper Awardを受賞
倉光 佑典〈くらみつ ゆうすけ〉さん
(大学院工学研究科 電気電子・機械工学専攻 博士前期課程 機械工学コース 1年)
橋本智昭 講師(工学部 機械工学科)
田原弘一 教授(工学部 機械工学科)

【内容】
倉光さん、橋本講師、田原教授による共同執筆論文 「Stabilization of Rotational Motion of Spacecrafts Using Quantized Two Torque Inputs Based on Random Dither」の内容が高く評価され、Best Paper Award, The 20th International Conference on Advances in Mechanical Engineeringを受賞(2018年12月13日)
学生2018.12.11
根本裕介さんが自然な動作を実現した5指義手「F3Hand」の研究開発で「ジェームズ ダイソン アワード 2018」国内3位
根本裕介〈ねもと ゆうすけ〉さん
ロボティクス&デザイン工学研究科 ロボティクス&デザイン工学専攻 博士前期課程 ソフトロボティクスコース 1年
指導:アシスティブデバイス研究室 吉川雅博准教授

【内容】
軽量かつ柔軟な把持を実現した5指義手「F3Hand」の研究開発が、一般財団法人・ジェームズ ダイソン財団が開催する「問題解決のアイデア」をテーマにした学生~若手エンジニア向けの国際エンジニアリングアワード「ジェームズ ダイソン アワード 2018」において、日本国内審査の3位に入賞(2018年12月10日)
学生2018.12.11
小林冬弥さんが小児用の義手の研究開発で「ハードウェアコンテストGUGEN2018」優秀賞を受賞
小林冬弥〈こばやし とうや〉さん
ロボティクス&デザイン工学研究科 ロボティクス&デザイン工学専攻 博士前期課程 ソフトロボティクスコース 1年
指導:アシスティブデバイス研究室 吉川雅博准教授

【内容】
成人用の電動義手Finchをベースに研究開発した「小型軽量の小児用電動義手」が、実用性や商品性の高いアイデアを表彰するMakersの登竜門とされる「ハードウェアコンテストGUGEN2018」の優秀賞に選定(2018年12月2日)
学生2018.12.11
石原涼澄さんが平成30年度 土木学会全国大会 第73回年次学術講演会で優秀講演者を受賞
石原 涼澄〈いしはら りょうと〉さん
(大学院工学研究科 建築・都市デザイン工学専攻 博士前期課程 都市デザイン工学コース 1年)
指導:橋梁工学研究室 大山理教授、今川雄亮講師
【内容】
「平成30年度 土木学会全国大会 第73回年次学術講演会」で行った研究発表「軽量コンクリート2種を用いたプレキャストPC床版における高強度スタッドの疲労耐久性」が、わかりやすく豊かな表現方法であるとして優秀講演者に選定(2018年11月12日)
学生2018.11.27
建築学科学生が参加する「川上村木匠塾」が「ウッドデザイン賞2018」を受賞
 建築学科の寺地洋之教授が塾長(第3代)を務め、20年前から建築学科の学生が参加している実践的PBL活動「川上村木匠塾」が「ウッドデザイン賞2018」を受賞しました。
 この賞は、木の良さや価値を再発見させる製品や取り組みについて、特に優れたものを消費者目線で評価し、表彰する顕彰制度です。本年度の応募は全国から393点あり、そのなかから189点が選出され、「川上村木匠塾」はソーシャルデザイン部門コミュニケーション分野の19点の一つとして受賞しました。
<川上村木匠塾の概要>
吉野林業の中心地、奈良県川上村をフィールドとし、1998年に関西圏の建築系学科のある大学の教員などが中心となり、学内だけでは学び得ない木材の本質を実地で学びながら、木を用いた建築やプロダクトなどの設計施工を通じ、建築やものづくりを深く考え実践してきた教育プログラム。本学は20年前から参加。現在は大阪芸術大学・大阪工業大学・近畿大学・滋賀県立大学・奈良女子大学の5大学の学生・教員によって組織され、川上村のサポートのもと毎年実施している。これまで延べ約1400名の学生が参加し、2017年度には20周年を迎えた。
学生2018.11.27
藤田琢磨さんが公益社団法人地盤工学会「第53回地盤工学研究発表会優秀論文発表者賞」を受賞
藤田 琢磨〈ふじた たくま〉さん
(大学院工学研究科 建築・都市デザイン工学専攻 博士前期課程 都市デザイン工学コース 1年)
指導:地盤防災工学研究室 日置和昭 准教授

【内容】
公益社団法人地盤工学会「第53回地盤工学研究発表会」で発表した論文「数量化Ⅱ類による土のふるい分析のばらつき要因分析」が評価され、優秀論文発表者賞を受賞(2018年9月4日)
学生2018.11.12
石原涼澄さんが国土交通省近畿地方整備局主催「平成30年度ふれあい土木展」特別賞を受賞
石原 涼澄〈いしはら りょうと〉さん
(大学院工学研究科 建築・都市デザイン工学専攻 博士前期課程 都市デザイン工学コース 1年)
指導:橋梁工学研究室 大山理教授、今川雄亮講師

【内容】
国土交通省近畿地方整備局主催「平成30年度ふれあい土木展 第6回研究室対抗関西土木リーグ」で行った研究発表「軽量コンクリートを用いた床版の適応に関する一検討」が優秀であると評価され、特別賞を受賞(2018年11月10日)
教職員2018.11.06
野田哲男教授が2018年度計測自動制御学会論文賞を受賞
野田哲男〈のだ あきお〉教授 (ロボティクス&デザイン工学部 ロボット工学科)

【内容】
計測自動制御学会論文集に発表した学術論文「機械学習の枠組みにもとづく能動型探索アルゴリズムのサーボパラメータ調整問題への適用性の検討」が、計測自動制御分野の学問技術の発展に寄与すると評価され受賞(2018年9月13日)
教職員2018.11.06
赤井愛准教授が日本デザイン学会会長賞を受賞
赤井 愛〈あかい あい〉准教授 (ロボティクス&デザイン工学部 空間デザイン学科)

【内容】
日本デザイン学会の運営・活動に尽力し、学会の魅力向上と発展に大きく貢献したことが評価され受賞(2018年6月23日)
  • 情報の公表
  • 資料・願書請求
  • 広報誌(おおよど、後援会会報、学園広報誌「Flow」)

ページの上部へ

大阪工業大学