1. トップページ
  2. 卒業生の方へ
  3. 卒業生利用案内:証明書発行について

卒業生の方へ

証明書発行について

各キャンパスで、次の方たちの証明書を発行しています。

学校名等 証明書発行取扱状況
大宮キャンパス 梅田キャンパス 枚方キャンパス
窓口 郵送 窓口 郵送 窓口 郵送
大阪工業大学・大学院 工学部 [注.1] [注.2] × × ×
工学研究科 [注.1] [注.2] × × ×
ロボティクス&デザイン工学部 [注.2] × × ×
ロボティクス&デザイン工学研究科 [注.2] × × ×
情報科学部 [注.2] × [注.2] ×
情報科学研究科 [注.2] × [注.2] ×
知的財産学部 [注.2] × × ×
知的財産研究科 [注.2] × × ×
摂南高等工業学校 × × × ×
摂南工業専門学校 × × × ×
大阪工業大学専攻科 × × × ×
大阪工業大学短期大学部 × × × ×

「○」:取扱可 「△」:一部取扱可 「×」:取扱不可

[注.1]工学部空間デザイン学科とロボット工学科、工学研究科空間デザイン学専攻と生体医工学専攻の方については、次のとおり取り扱います。

学校名等 証明書発行取扱状況
大宮キャンパス 梅田キャンパス 枚方キャンパス
窓口 郵送 窓口 郵送 窓口 郵送
工学部空間デザイン学科 × ×
工学部ロボット工学科 × ×
工学研究科空間デザイン学専攻 × ×
工学研究科生体医工学専攻 × ×

[注.2]大宮・梅田キャンパスの窓口申請で取り扱うことができる証明書は、次の種類のみとなります。ただし、工学部空間デザイン学科とロボット工学科、工学研究科空間デザイン学専攻と生体医工学専攻の方については、全ての証明書について大宮・梅田キャンパスで取り扱います。

学校名等 証明書名[種類] 備考
工学部
工学研究科
卒業(修了)証明書[英文・和文]
学業成績証明書[英文・和文] 2004年度(2005年3月)以降卒業生から発行可能
情報科学部
情報科学研究科
卒業(修了)証明書[英文・和文]
学業成績証明書[英文・和文] 2004年度(2005年3月)以降卒業生から発行可能
知的財産学部
知的財産研究科
卒業(修了)証明書[英文・和文]
学業成績証明書[英文・和文]

上記以外は、下表の部署にお問い合わせください。

学校名等 担当部署名 電話番号
関西工学専修学校 常翔学園 総務部 総務課 06-6954-4014
関西工学校
関西高等工学校
摂南工科専門学院
大阪工業大学専門学院
専科大学コース 摂南大学 教務課 072-839-9106
大阪工業高等専門学校
関西工業学校 常翔学園中学校・高等学校 事務室 06-6954-4435
摂南重機工業学校
摂南工業学校
摂南学園高等学校
摂南学園中学校
大阪工業大学高等学校

各キャンパスでの取扱窓口(担当部署)は、次のとおりです。

キャンパス 取扱窓口(※)/送付先
大宮キャンパス 教務課(7号館2階)
Tel:06-6954-4083
E-mail:OIT.kyomu@josho.ac.jp
【取扱時間】(平日)9:00~18:30/(土曜日)9:00~17:00
〒535-8585 大阪市旭区大宮5丁目16番1号
大阪工業大学教務課 宛
梅田キャンパス ロボティクス&デザイン工学部事務室(OIT梅田タワー7階)
Tel:06-6147-6830
E-mail:OIT.Umeda@josho.ac.jp
【取扱時間】(平日)9:00~18:30/(土曜日)9:00~17:00
〒530-8568 大阪市北区茶屋町1番45号
大阪工業大学ロボティクス&デザイン工学部事務室 宛
枚方キャンパス 情報科学部事務室(1号館1階)
Tel:072-866-5301
E-mail:OIT.ibu@josho.ac.jp
【取扱時間】9:00~17:00
〒573-0196 枚方市北山1丁目79番1号
大阪工業大学情報科学部事務室 宛

※日曜・祝日(授業実施日を除く)および学園創立記念日(10月30日)は取扱いいたしません。 なお、入試日(11、1、2、3月)、夏期休業等授業のない期間(8~9月、12月、2~3月)や大学祭期間(10~11月)の取扱時間は変則となりますので、予め発行取扱い窓口に電話でご確認のうえ、ご来学ください。

証明書の種類・単価および発行に要する期間

証明書名 種類 単価 発行に要する期間
卒業(修了)証明書 和文 300円 即日
卒業(修了)証明書 英文 600円 1週間
学業成績証明書 和文 300円 即日
学業成績証明書 英文 1,000円 1週間
学力に関する証明書
(教職用)
種 類:中学、高校
教 科:工業、数学、理科、情報
適用法:旧法、新法
300円 1週間(※)
教 科:技術
*短期大学部のみ(昭和56年度以降入学生対象)
300円 1週間(※)
単位修得証明書
(教職以外)
陸上無線技術士用(1級) 300円 3日
特殊無線技士用
(第1級陸上・第2級海上・第3級海上)
300円 3日
電気技術者用
(電気主任・工事士・通信主任)
300円 3日
測量士(補)用 300円 3日
建築士用(2009年度以降入学生対象)
1級建築士/2級・木造建築士
300円 3日
建築士用(2009年度以降入学生対象)
大学院における実務経験に係る修得単位
300円 3日
食品衛生管理者及び食品衛生監視員用
(2012年度以降入学生対象)
300円 3日
健康食品管理士
(2014年度以降入学生対象)
300円 3日
調査書 (大学院受験用) 300円 1週間
在学期間証明書 300円 即日

諸般の事情により、発行に上記以上の期間を要する場合がありますので、日数に余裕を持って請求ください。
※免許法改正等により複雑になっておりますので、事前にご相談ください。

証明書の内容

証明書名 内容
卒業(修了)証明書(※) 各学校所定の課程を修め、その業を終えた事を証明します。
所属、学位名称、卒業・修了年月日を記載しています。
学業成績証明書 証明時点における全学業成績(合格科目のみ)を証明します。
科目名、単位数、成績評価、修得年度(学部のみ)を記載しています。
学力に関する証明書 (教職用) 本学で修められた学業成績に基づき、文部科学省令に定められた区分で修得単位数を証明します。必ず日数に余裕を持って請求ください。
単位修得証明書(教職以外) 本学で修められた学業成績に基づき、各種資格証明に対応した修得科目や修得単位数を証明します。必ず日数に余裕を持って請求ください。
調査書(大学院進学用) 進学先により様式が異なります。本学大学院に進学する場合は、所定の様式をご利用ください。
在学期間証明書(※) 在学期間を記載し、過去に在学していた事実を証明します。
年金関係で必要な方はこちらを申請してください。

※卒業や修了といった課程を修めたことの証明のほか、入学年月日の記載が必要な場合は、「卒業(修了)証明書」と「在学期間証明書」の両方を申請ください。

証明書の発行は、「窓口」または「郵送」によるお申込みに限ります。
※電話・FAX・Eメールでの申込み、予約発行等は一切受付けておりませんので、ご了承ください。

窓口でのお申込み方法

来学にあたり、以下についてご用意・ご確認ください。
英文および一部の証明書を除き即日発行します。
※即日発行できない証明書について、発行後に郵送を希望される場合は郵便切手をご持参ください。

(1)ご本人による申し込み

No 必要書類 備考
1 手数料 千円札以下の小銭をご用意ください。窓口の証紙券売機で証紙を購入いただきます。
(ただし、情報科学部では現金にてお支払願います)
2 証明書交付願書 窓口にご用意しております。記載いただくにあたり、次の項目をご確認ください。
  1. 氏名・ふりがな(在籍時)
    (英文証明書の場合はローマ字氏名も)
  2. 生年月日
  3. 現住所・電話番号
  4. 学生番号(ご不明の場合は不要)
  1. 在籍時所属情報
    (大学・学部・学科名称、離籍年月日)
  2. 証明書の種類、枚数、英文・和文の別
  3. 使用目的
3 本人確認書類 運転免許証、パスポート、健康保険証等
(ご本人確認のためご提示いただいております。)

(2)代理人による申し込み

代理人による申請の場合は、上記1~3以外に次の2点もご用意ください。ただし、上記3は写しで結構です。

No 必要書類 備考
4 委任状(※) 委任状(PDF)
文字をクリックすると雛形(入力可)がご覧になれます。あらかじめ作成し、ご持参ください。
5 代理人確認書類 運転免許証、パスポート、健康保険証等
(代理人自身であることの確認のためご提示いただいております。)

※従来、代理人による窓口での証明書申込みにあたっては委任状を必要としておりませんでしたが、個人情報保護の観点から、ご本人の意志によるお申し込みであることを確認させていただくことになりましたのでご協力お願いいたします。

郵送(日本国内から)でのお申込み方法

以下についてご用意いただき、郵送してください。
英文および一部の証明書を除き即日作成してお送りします。

(1)ご本人による申し込み(郵送)

No 必要書類 備考
1 手数料 郵便小為替(郵便局で販売しています)でご用意ください。
現金・切手・収入印紙は不可。
2 証明書交付願書 証明書交付願書(PDF)
文字をクリックすると雛形(入力可)がご覧になれます。必要事項を記入し、他の必要書類と一緒に郵送ください。
雛形がプリントアウトできない場合は、次の事項を記入した用紙を郵送ください。
  1. 氏名・ふりがな(在籍時)
    (英文証明書の場合はローマ字氏名も)
  2. 生年月日
  3. 現住所・電話番号
  4. 学生番号(ご不明の場合は不要)
  1. 在籍時所属情報
    (大学・学部・学科名称、離籍年月日)
  2. 証明書の種類、枚数、英文・和文の別
  3. 使用目的
3 本人確認書類 運転免許証、パスポート、健康保険証等の写し
(ご本人確認のため郵送いただいております。)
4 返信用封筒 定型-長3以上のサイズ
宛名書きのうえ、切手(返送料は次のとおり)を貼付してください。
【返送料】定型長3の封筒を使用の場合
証明書の種類 枚数 返送料
和文・英文によらず
すべての証明書
1通 82円
2通 92円
3通~11通 140円
お急ぎの場合は、上記料金に速達料金分(280円)を加算し、返信用封筒に「速達」と明記してください。

(2)代理人による申し込み(郵送)

代理人による申請の場合は、上記1~4以外に次の2点も一緒に郵送ください。

No 必要書類 備考
5 委任状(※) 委任状(PDF)
文字をクリックすると雛形(入力可)がご覧になれます。必要事項を記入し、他の必要書類と一緒に郵送ください。
6 代理人確認書類 運転免許証、パスポート、健康保険証等の写し
(代理人自身であることの確認のため郵送いただいております。)

郵送(日本国外から)でのお申込み方法

(1)日本の郵便小為替・切手が入手可能な場合

日本国内在住のご家族等を通して日本の郵便小為替・切手が入手可能な場合は、「郵送(日本国内から)でのお申込み方法」(1)ご本人による申し込みを参照いただき、必要書類を郵送ください。

(2)日本の郵便小為替・切手が入手不可能な場合

原則は日本国内在住の代理人を通じて申請「郵送(日本国内から)でのお申込み方法」を参照)ください。代理人が立てられないなど、やむを得ない場合、以下についてご用意いただき、郵送ください。

No 必要書類 備考
1 手数料・郵送料 手数料と返送分の郵送料の合計金額を国際返信切手券(International Reply Coupon)でご用意ください。
【注意事項】
  • 国際返信切手券は購入する国の取り扱い額にかかわらず、1枚130円として換算のうえご用意ください。日本では国際返信切手券1枚につき130円分の切手に交換されます。
  • 返送方法はEMS(国際スピード郵便)に限らせていただきます。郵送料は発送先地域・重量(※)によって異なりますので、必ず下記でご確認ください。
    ※重量の目安として、本学所定の証明書20通程度(1通ずつ証明書封筒に封入)を返送用封筒(EMS専用)に封入しても「300g」未満となります。 (日本郵便ホームページ)
    http://www.post.japanpost.jp/int/charge/list/ems_all.html
  • 余剰分は日本国切手でご返却します。
【送付いただく手数料・郵送料の例】
英文卒業証明書1通(600円)を請求され、アジア圏の国にEMSで発送(1,400円)する場合、国際返信切手券の必要枚数は次のようになります。
「600円(手数料)+ 1,400円(郵便料金)」÷130円=15.38・・・となり、国際返信切手券は16枚必要となります。
※15枚では130円×15枚=1,950円で不足となりますので、ご注意ください。
なお、この例の場合、130円×16枚-2,000円=80円の余剰が出ますので、余剰分の80円は日本国切手でご返却します。
また郵便料金1,400円は2017年6月現在の金額のため、上記「日本郵便ホームページ」のリンクから最新の料金をご確認ください。
2 証明書交付願書 証明書交付願書(PDF)
文字をクリックすると雛形(入力可)がご覧になれます。必要事項を記入し、他の必要書類と一緒に郵送ください。
雛形がプリントアウトできない場合は、次の事項を記入した用紙を郵送ください。
  1. 氏名・ふりがな・ローマ字氏名 (在籍時)
  2. 生年月日
  3. 現住所・電話番号・E-mail
  4. 学生番号(ご不明の場合は不要)
  5. 在籍時所属情報
    (大学・学部・学科名称、離籍年月日)
  1. 証明書の種類、枚数
  2. 使用目的
  3. 海外宛送付先情報
    (Name,Address,
    Postal Code,
    Country,Tel/Fax)
3 本人確認書類 運転免許証、パスポート、健康保険証等の写し
(ご本人確認のため郵送いただいております。)
  • スポーツ教室
  • 大阪工業大学公式Facebookページ
  • エクステンション講座
  • 広報誌(おおよど、後援会会報、学園広報誌「Flow」)
  • 学園創立100周年に向けた基本構想「これからの学園」

ページの上部へ

大阪工業大学