1. トップページ
  2. ニュースリリース(2021年度)
  3. 【機械工学科】学部+大学院の6年一貫_研究開発者養成クラス_22年度から_少人数選抜、マンツーマン指導、経済支援も

ニュースリリースnews release

【機械工学科】学部+大学院の6年一貫_研究開発者養成クラス_22年度から_少人数選抜、マンツーマン指導、経済支援も

2021.06.01

  • 学部入学から大学院修了まで一貫した指導体制を構築 学部入学から大学院修了まで一貫した指導体制を構築

 大阪工業大学(学長:益山新樹)は、機械工学科で2022年度入学生から新たに「研究推進クラス」を設置します。本クラスは、昨今の我が国の研究力、国際的な競争力低下が懸念される現状を解決し、来るべき未来社会の実現のため、世の中に優秀な研究者を輩出することを目指すもので、学士課程から博士前期課程までの6年間で世界に通用する研究開発に従事できる人材を養成するものです。


 
本件のポイント

● マンツーマン指導とハイレベル少人数授業で、長所を伸ばす手厚い支援
● 国内外研究留学、共同研究やインターンシップが前提のカリキュラム
● 学部3年から実施する大学院レベルの研究活動
● 約1年間の大学院授業料相当額の給付型奨学金、国内外研究活動費など経済的支援制度も充実
 
内容

 本クラスは、入学試験で優秀な成績で合格した受験生から最大で16人を選抜。1人の教員が1人の学生を学部入学時からマンツーマンで指導する体制と研究推進クラスだけの科目を配当します。ハイレベルで少人数の授業により、確かな専門知識の学修と早期の研究活動の開始を実現。学部4年時には、大学院配当科目の授業を先取りするなどして、ゆとりのある研究活動を展開し、世界に通用する実践的な研究開発力を修得します。また、学部3年からは大学院に直結した研究活動を行い、大学院(博士前期課程)2年までの4年間で充実した研究室活動を確約するものです。さらに、クラス全員に約1年間の大学院授業料相当額を給付するほか、国内外の研究活動費(旅費、宿泊費、学会参加費など)の支援制度を設けるなど、経済的にも安定した研究活動を行うことができる支援も行います。
 本学では、本クラスの設置により我が国の研究力強化に貢献するとともに、新たな時代を構築する知のプロフェッショナルを輩出していきます。
 
内容に関するお問い合わせ

大阪工業大学 工学部事務室 (担当:西田、西川)
TEL: 06-6954-4419

本件発信部署・取材のお申し込み先

学校法人常翔学園 広報室(担当:田中、上田)
TEL:06-6167-6208 携帯:090-3038-9887
 
【№3】

ページの上部へ

大阪工業大学