1. トップページ
  2. 国際交流
  3. 語学研修・文化体験プログラム

国際交流INTERNATIONAL EXCHANGE

語学研修プログラム(2021年度)(オンライン)

プログラム概要

語学研修プログラム

国、都市 フィリピン
セブ
オーストラリア
メルボルン
カナダ
トロント、バンクーバー
機関種別 語学学校 協定大学 語学学校
機関名 NexusTalk(旧名称:NILS) スインバン工科大学 ILAC
実施時期
(夏)
2021年8月16日~9月17日のうち、1~4週間 2021年8月16日~8月27日(2週間) 実施なし
実施時期
(春)
2022年2月14日~3月11日のうち、1~4週間 実施なし 2022年2月14日または15日~2/3/4週間
内容 語学研修(英語) 語学研修(英語)
学生交流
語学研修(英語)
単位認定 「海外語学研修」(2単位)※ただし一定の条件を満たすこと

※新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、すべてオンラインで実施しました。


活動内容・参加者の声

フィリピン(セブ)

機 関 名 NexusTalk
機関種別 語学学校
実施時期(夏) 2021年8月16日~9月17日のうち、1~4週間
実施時期(春) 2022年2月14日~3月11日のうち、1~4週間
参加人数 夏期31人、春期15人
参 加 費 25,500円~75,500円(1日の授業時間、週数により異なる)⇒出席率により、大学から支援金として参加費の最大50%をキャッシュバック

プログラム概要

セブにある語学学校(旧名称:NILS)での英語研修です。新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年度からは大阪工業大学専用のオンラインプログラムとして実施しています。1日の授業時間(2時間または4時間)と週数は参加者自身が選択でき、授業は基本的に講師とのマンツーマン形式で提供されるため、自分のペースで学習を進めることができます。カリキュラムも鍛えたいポイントに応じて、カランメソッド(反復練習により英会話の瞬発力を鍛える学習法)、語彙、発音、スピーキング、自由会話、TOEIC対策から自由に選択可能です。

  • 1週間のスケジュール例

プログラム参加者の声

● 最初はうまくやっていけるか、本当に苦手が改善されるのか不安でしたが、先生方がとても優しく笑顔で接してくれたので、緊張することなく受講できました。マンツーマンレッスンなので授業時間いっぱい英語を学ぶことができ、間違った文法で話していると優しく訂正してもらえる点などが良かったです。
(建築学科1年)

● 参加してみると、言いたいことや質問したいことがあっても単語を知らないためうまく伝えられないことがありました。私はその都度辞書で調べ、英訳をメモするようにしていました。そのおかげか3週目には、つたないながらも英語での質問や、たわいもない世間話ができるようになりました。
(電気電子システム工学科3年)

● 1日4時間のレッスンを3週間続け、多くのことが身につきました。特に、考えていることを瞬発的に英語の文章にして伝える力が向上しました。初めは単語をつなげるだけの単純で文法が無茶苦茶な会話しかできなかったのが、日々講師の方と会話をする中で段々と細かく正確に伝えられるようになり、大きな達成感が得られました。
(情報メディア学科2年)

  • フィリピン語学研修
  • フィリピン語学研修

オーストラリア(メルボルン)

機 関 名 スインバン工科大学
機関種別 協定大学
実施時期 2021年8月16日~8月27日(2週間)
参加人数 8人
参 加 費 約61,000円 ⇒出席率により、大学から支援金として参加費の最大50%をキャッシュバック

プログラム概要

ビクトリア州メルボルンにある、協定校のスインバン工科大学が提供するプログラムです。新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年度からは他大学と合同参加のオンラインプログラムとして実施しています。英語学習(会話中心)に加えて、キャンパスツアー、バーチャル市内観光、講義・ワークショップ、スインバン工科大学の学生との交流会などが含まれます。スケジュールの詳細はこちら

プログラム参加者の声

● 英語を話せるようになりたいとは思うものの、これまでは話す機会がなく自信がありませんでした。そこで、この研修を知った時にぜひ参加しようと思いました。参加したことで、他大学や海外に友人ができました。ネイティブの方々は私のつたない英語でも尊重し、「英語を話すことを恐れてはいけない」など、様々な助言をくれました。おかげで英語のスキルに自信がつきました。
(機械工学科1年)

● 日本とは違い他国の人たちは初対面でも距離が近かったり、感性が違ったりすることを交流の中で感じました。また、自身の表現力が未熟な場合も、言いたいことを伝えるために身振り手振りなどで伝えることを学ぶことができました。
(都市デザイン工学科2年)

● この研修では英会話のレッスンだけではなく、地元の大学生とのトークセッションやキャンパスツアー等のアクティビティが充実していました。外国ならではの雰囲気を感じたり年齢の近い外国の方と話したりと、自ら動かなければできない良い経験ができました。特に地元の学生とのトークセッションを通して、失敗を恐れずに英語を話すことが一番良い上達方法であることを実感しました。
(建築学科2年)

  • オーストラリア語学研修
  • オーストラリア語学研修

カナダ(トロント、バンクーバー)

機 関 名 ILAC(International Language Academy of Canada)
機関種別 語学学校
実施時期 2022年2月14日または15日~2/3/4週間
参加人数 9人
参 加 費 480~780カナダドル(約43,200~70,200円。週数により異なる)⇒出席率により、大学から支援金として参加費の最大50%をキャッシュバック

プログラム概要

カナダ最大級の名門語学学校ILAC(アイラック)が運営するオンライン留学プログラム(ILAC Kiss)。世界中から受講者が集まる環境で、トロント、バンクーバーの一流講師からオンライン授業を受けることができます。毎週平日に行うレベル別のグループ授業3時間と1.5時間のセルフスタディ(グループワーク、エッセイの作成など)により、英語の総合力を鍛えます。グループ授業ではZoomのブレイクアウトルーム機能を使い、少人数に分かれてディスカッション等を行うこともあります。

  • 1日のスケジュール例

プログラム参加者の声

● カナダの研修に決めたのは、様々な国の人と授業を受けられるので、外国の文化を多く学べそうだったからです。語学力向上はもちろん、異文化への理解も深まりました。生徒同士の会話では、お互いが英語を(うまく)話せないため、ボディランゲージと理解しようとする気持ちの重要性を学びました。
(建築学科1年)

● 他国の方は自分から積極的に回答をし、気になったことは授業を遮ってまで確認していました。このような所が特に日本とは違ったのですが、周りの生徒のおかげで自分でも質問をしやすい雰囲気でした。
(機械工学科4年)

● (クラスに)日本人は自分だけで、他には中国、コロンビア、台湾などから参加していました。教科書をもとにグループワークを交えつつ、10分間の休憩を含め、約3時間の授業を受けました。最初は先生の言っていることがほとんどわかりませんでしたが、4週目には慣れて聞き取れるようになりました。
(ネットワークデザイン学科1年)

  • カナダ語学研修
  • カナダ語学研修
Follow @OIT_INTL

ページの上部へ

大阪工業大学