報道機関向け教員一覧

大阪湾

検索キーワード:「大阪湾」 1件見つかりました。

研究室ナビ

工学部 環境工学科

駒井 幸雄 (コマイ ユキオ)

教授 博士(学術)

水質化学、水質のモニタリング、陸水に対する大気降下物の影響、ノンポイント汚染、底質汚染

水質汚濁問題のうち、河川と海域およびノンポイント汚染源を対象として、水質と底質に関わる重金属と栄養塩類を中心に研究をしています。たとえば、瀬戸内海の環境保全に関わる諸問題については、①過去40年以上の期間で陸からの流入負荷量がどのように変化してきたのか、②底質の現状と水環境にどのような影響を与えているのかについてコメントが可能です。また、日本の森林地域で高濃度の窒素が流出するいわゆる「窒素飽和」現象が日本の各地で報告されていますが、その原因について大陸から長距離輸送され沈着する酸性物質の影響なのか、国内の大都市圏域から発生する汚染節いつの影響なのか、あるいはそれ以外の影響なのかについての研究も行っています。

キーワード:瀬戸内海、閉鎖性水域、大阪湾、播磨灘、冨栄養化、底質、窒素飽和、モニタリング、渓流水、長距離輸送

【過去のコメント実績】
2009年6月4日、朝日新聞、森林のメタボ化(窒素飽和)
2014年7月31日、毎日放送MBS「VOICE」、奈良公園猿沢池でのコイのへい死について
2014年11月28日、産経新聞、インドネシア熱帯泥炭域の森林と水環境の保全のための活動支援や成果について
2014年12月3日、フジサンケイビジネスアイ、フィールドワークを通じて自然的・人為的な諸要因が水質や流出量に及ぼす影響など水環境の実態評価と保安の研究について

研究者情報(研究シーズ)はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学