1. トップページ
  2. トピックス
  3. ソーラーカープロジェクト「TEAM REGALIA」が2つのレースに出場します

トピックスTOPICS

ソーラーカープロジェクト「TEAM REGALIA」が2つのレースに出場します

2019.07.31

  • 結束力を武器に大会に臨むメンバーら 結束力を武器に大会に臨むメンバーら
  • 旧南紀白浜空港跡地の試走会でタイヤをセッティングするメンバー 旧南紀白浜空港跡地の試走会でタイヤをセッティングするメンバー
  • 新しく導入されたモーター 新しく導入されたモーター

 8月2日、3日に三重県の鈴鹿サーキットで開催される「FIA Electric & New Energy Championship ソーラーカーレース鈴鹿2019」のオリンピアクラスと8月7日~10日に秋田県の大潟村ソーラースポーツラインで開催される「WORLD GREEN CHALLENGE 2019」のソーラーカー・チャレンジのアドベンチャー・クラスに本学ソーラーカープロジェクト「TEAM REGALIA」が出場します。オリンピアクラスは5時間耐久レースで、1周約5.8kmのコースを走行、アドベンチャー・クラスは3日間合計25時間耐久レースで、1週25kmのコースを走行します。

 本学チームの最大の特長は、精密なボディ形成により車体の空気抵抗係数を0.141cd(一般的なセダン車は約0.300cd)まで下げ、高い加速・走行性能を誇っている点です。また、カーボン素材を使用したボディの型からカーボンを焼き上げる炉まで、すべて学生が手づくりで仕上げています。

 「今年の目標は、順位と周回数(走行距離)のいずれも昨年を上回ることです。そのために、モーターの仕様変更を行ったり、ペダルを軽量化するなど、可能な限り性能を向上させるよう努めました」と話すのは、リーダーの田井隆貴さん(機械工学科3年)。本学が誇るモノづくり技術、メンバー50人の思いを乗せた6代目ソーラーカー「cielo」が真夏の鈴鹿を駆け抜けます。
「TEAM REGALIA」の応援をよろしくお願いします。

ソーラーカープロジェクトチーム「TEAM REGALIA」指導教員
・機械工学科 伊與田宗慶 講師、鵜飼孝博 講師

【レース概要】
FIA Electric & New Energy Championship ソーラーカーレース鈴鹿2019
開催日:<書類審査、公式車検、フリー走行>
       2019年8月2日(金)
    <オリンピア(5時間耐久)決勝レース>
       2019年8月3日(土)

WORLD GREEN CHALLENGE 2019
開催日:<車検、フリー走行、タイムトライアル>
       2019年8月7日(水)
    <ソーラーカー・ラリー>
       2019年8月8日(木)~10日(土)

ページの上部へ

大阪工業大学