報道機関向け教員一覧

半導体

検索キーワード:「半導体」 8件見つかりました。

研究室ナビ

工学部 電気電子システム工学科

佐々 誠彦 (ササ シゲヒコ)

教授 

半導体デバイス、ナノテクノロジー

化合物半導体デバイスの開発

キーワード:酸化物半導体、テラヘルツ

研究室ナビ

工学部 電気電子システム工学科

小山 政俊 (コヤマ マサトシ)

講師 博士(工学)

半導体工学、半導体プロセス工学、窒化物半導体デバイス(GaN-HEMT)、酸化物半導体、化合物半導体プロセス

化合物半導体、特に III-V 族半導体、酸化物半導体を用いた電子デバイスや光デバイスの研究を行っています。元々は企業で窒化物半導体高周波トランジスタのプロセスエンジニアでしたので、要素プロセス開発、プロセスインテグレーションも専門です。最近は新しい強誘電体薄膜の成膜も開始しました。

キーワード:半導体、半導体プロセス、窒化物半導体デバイス、酸化物半導体、テラヘルツ波、強誘電体、超高速デバイス、高電子移動度トランジスタ

研究室ナビ

工学部 電子情報システム工学科

小池 一歩 (コイケ カズト)

教授 博士(工学)

半導体、酸化物、薄膜成長、材料物性評価、センシングデバイス

工学部付設のナノ材料マイクロデバイス研究センターに設置されている結晶製造装置、光学測定装置、電気測定装置、微細加工装置、デバイス評価装置を用いて、スパッタ法,分子線エピタキシー法,溶液塗布熱分解法などの様々な方法で酸化物薄膜の結晶成長を行い、新規物性の探索と機能デバイスへの応用に向けて研究を行っています。企業への学術指導も行っています。
科研費の実績(https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000040351457/)

キーワード:半導体、分子線エピタキシー、薄膜成長技術、バイオセンサー、ガスセンサー、生体モニタリング、環境モニタリング、センシングデバイス、スマートウィンドウ、パワーデバイス

【過去のコメント実績】
地域産業支援プラットホーム:http://www.oit.ac.jp/oitp/introduction/
【YouTube】
時代を加速させる革新をめざして

研究室ナビ

工学部 電子情報システム工学科

廣芝 伸哉 (ヒロシバ ノブヤ)

准教授 博士(工学)

有機半導体,酸化物半導体,デバイス物性,ナノテクノロジー

有機分子や酸化物・ナノ材料を用いた電子デバイスやセンサデバイスの研究を行っています。また,プラスチックの分析,ナノインプリントリソグラフィや原子層堆積法を用いたナノ構造作製も行っていましたので、半導体プロセスや、材料分析,ナノテクノロジーも専門です。最近はテラヘルツ分光法を用いた高分子関連材料の解析にも力を入れて研究しております。

キーワード:半導体デバイス、有機分子,酸化物,ナノ材料、センシングデバイス材料、環境センシング、テラヘルツ分光、ナノインプリントリソグラフィ

工学部 一般教育科

藤元 章 (フジモト アキラ)

准教授 博士(理学)

半導体物理学

半導体物理を専門としていますので,一般物理の内容や,半導体およびその材料物性に関わる物理的な内容について可能です。
また,半導体に関する工学的応用の内容についても可能です。

キーワード:実験物理、半導体、ナノテクノロジー

工学部 一般教育科

長谷川 尊之 (ハセガワ タカユキ)

講師 博士(工学)

超高速光物理、半導体物性

フェムト秒のパルスレーザーを用いて半導体中の電子や格子振動(フォノン)の動的過程を調査しています。サブピコ秒領域(テラヘルツ領域)の半導体物性やその応用についてコメントすることが可能です。

キーワード:超高速分光、光物性、パルスレーザー、テラヘルツ、半導体、磁性体

研究室ナビ

情報科学部 情報知能学科

鎌倉 良成 (カマクラ ヨシナリ)

教授 博士(工学)

半導体工学、コンピュータシミュレーション

半導体デバイスシミュレーションに関する研究を行っています。特にシリコン集積回路に用いられる極微細トランジスタを対象としたモンテカルロ法による電子伝導解析、熱伝導解析などを専門としています。

キーワード:デバイスシミュレーション、半導体デバイス、環境発電、IoT、TCAD

その他 ナノ材料マイクロデバイス研究センター

和田 英男 (ワダ ヒデオ)

教授 

半導体物理、赤外線工学、熱電工学

赤外線機能材料を用いた地球環境にやさしいデバイスを研究しています。気候変動による地球温暖化が進み、生活環境が悪化する中、低エネルギー消費社会への変革と脱炭素化による温暖化防止対策が急務となっています。この状況に即応するため、住環境における不要な熱エネルギーを放出しない赤外線スマートウィンドウや排熱を利用した再生可能エネルギーデバイスを目指しています。

キーワード:赤外線、スマートウィンドウ、ナノテクノロジー、サーモクロミック、熱電材料

研究者情報(研究シーズ)はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学