報道機関向け教員一覧

大学

検索キーワード:「大学」 12件見つかりました。

研究室ナビ

ロボティクス&デザイン工学部 ロボット工学科

河合 俊和 (カワイ トシカズ)

教授 博士(工学)

メカトロニクス、人間機械システム、医療ロボティクス

医療ロボット(特に手術支援ロボット)について、基礎から応用までの研究・実用開発・製品化・事業化、医工・産学官の連携、患者目線での少子高齢化社会を支える工学技術、に関するコメントを、大学人および企業経験者(日立製作所)の視点から可能です。

【研究概要】上下腹部や脳および耳鼻を中心とした外科手術支援ロボットシステムの基礎から応用研究、実用開発、製品化、事業化
【医療系の連携実績】がん研究センタ東病院大腸外科、香川大学消化器外科、京都大学再生医科学研究所、慶應義塾大学外科領域、東京女子医科大学脳神経外科、信州大学脳神経外科、神戸大学耳鼻咽喉・頭頸部外科
【工学系の連携実績】東京大学工学部、大阪大学基礎工学部、信州大学繊維学部、慶應義塾大学理工学部、同志社大学生命医科学部、千葉大学工学部、中央大学理工学部
【産業界との連携実績】日立製作所(機械研究所に9年間所属)、東芝、NHK、他
【国家プロジェクト実績】NEDO、AMED、文科省

キーワード:医療ロボット、手術ロボット、医工連携、産学官連携、少子高齢化

【過去のコメント実績】
News Media
「単孔式」手術難度、ロボットで軽減,信濃毎日新聞 朝刊1面,2014年10月22日
ABCラジオ「おは​ようパーソナリティ道​上洋三です」,健康道場に生で電話出演,2013年10月23日
内視鏡手術 撮影お任せロボ,記事コメント,信濃毎日新聞 朝刊・社会面,2013年2月25日
医療用「ロデム」開発 大阪工大 河合俊和・准教授,読売新聞 朝刊12面,2011年12月26日

Lectures
ロボットとAI:ダビンチに続け、日本の手術支援ロボット,大阪府高齢者大学校,2021年11月26日
最先端技術ハンズオンワークショップ,第7回・医療分野(手術ロボットの現状と将来),大阪科学技術センター,2018年10月24日
ニューテクノロジー「ロボティクス」,ヤンセンファーマ,2015年12月7日
ロボット工学(1)基礎「ロボットの基本を学ぶ」ロボット工学における機構・計測・制御系の基礎,香川大・健康関連短期集中コース,2013年10月12日
ロボット工学(2)応用「ロボットの医療応用を学ぶ」医療ロボットの製品例と研究開発,香川大・健康関連短期集中コース,2013年12月7日
ソロサージェリー支援ローカル操作型ロボット,先端医療技術と外科手技の将来像を考える会,香川大学医学部消化器外科,2012年9月11日
西澤祐吏,河合俊和:鏡視下手術における助手ロボットLODEMの開発と臨床応用に向けた研究 -より精度の高い鏡視下手術を行うために-,大阪商工会議所,2011年度定例会第7回,2012年1月19日
【YouTube】
https://youtu.be/BLcllow-fQE

研究室ナビ

工学部 電子情報システム工学科

淀 徳男 (ヨド トクオ)

教授 博士(理学)

マイコンシステム制御、植物工場の製作、高輝度LED実装技術、植物工場に最適な大豆、水菜、レタス他の水耕栽培技術、光量子密及び、波長分光制御技術

従来の農業は完全な天候まかせですが、「植物工場」は人工的に環境を制御できます。それ故、温暖化の影響で頻発する現在・将来の異常気象のなかでも安定、かつ安全で新鮮な農作物を作り出すことができる唯一の方法です。植物工場を安価に製作、また自作したLED光源の光の波長、光量子密度を計測し、これらの関係に着目してミズナの栽培試験の最適化を模索しています。また、植物で唯一のタンパク質源である大豆に着目し、将来の食物難に備えた穀物類に着目し、植物工場への応用を検討し、水耕栽培を試みています。エレクトロニクス分野で培った光計測技術をフルに農学分野に持ち込むことによって、植物栽培過程における光合成プロセス中の光量子が及ぼす役割を学術的に明らかとし、技術的には安価・良質、生産効率の増強を目指しています。また、大豆や穀物類に最適な植物工場の設計・製作、最適な光源、最適な波長分布・最適な光量子密度についても幅広く検討し、マイコンによる自動化を目指した植物工場の実用化を進めています。

キーワード:植物工場、光合成、光量子密度、高輝度LED実装技術、マイコンシステム制御、自動化、水耕栽培技術、大豆栽培、レタス・水菜栽培、異常気象による植物栽培への影響

【過去のコメント実績】
①「波長依存光量子束密度スペクトル(WF-PPFD)から分析した完全人工LED光植物工場を用いた水菜の水耕栽培に及ぼすLED光源の影響」、日本生物環境工学会2016年金沢大会講演会要旨、2016年9月13日、金沢工業大学 野々市キャンパス、P51、P.256-257、淀 徳男、谷 和暁、春次克哉、宮本隆史。
②”Proposal of wavelength-dependent photosynthetic photon flux density (WD-PPFD) using Si-photodiode and influences of WD-PPFD on growth of ‘Mizuna’ (Brassica rapa L. Japonica) using high-efficiency power LEDs in plant factory”、国際会議(名称:Plant Factory Conference 2014 (http://www.shita.jp/ICPF2014/)、開催日:2014年11月10日 (金)~12日 (水)、京都大学百周年記念時計台記念館)で論文発表を行った。

研究室ナビ

工学部 応用化学科

藤井 秀司 (フジイ シュウジ)

教授 博士(工学)

高分子コロイド、高分子化学、界面コロイド化学、バイオミメティックス

高分子微粒子の合成、評価、応用
微粒子安定化分散体(エマルション、泡、リキッドマーブル)

キーワード:高分子微粒子、コロイド、界面、エマルション、泡

【過去のコメント実績】
1. @nifty ビジネス「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://business.nifty.com/cs/catalog/business_release/catalog_atp100706_1.htm

2. @Press「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
https://www.atpress.ne.jp/news/100706

3. BIGLOBEニュース「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://news.biglobe.ne.jp/economy/0502/atp_160502_0353636813.html

4. Bizloopサーチ「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.bizloop.jp/release/AT100706/

5. bizocean※「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.bizocean.jp/news/pr/

6. BlogPeople「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.blogpeople.net/press_detail.html?pr_id=100706&charset=UTF-8

7. excite.ニュース「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.excite.co.jp/News/release/Atpress_100706.html

8. goo ビジネス EX「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://bizex.goo.ne.jp/release/detail/884835/

9. Infoseek ニュース「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://news.infoseek.co.jp/article/atpress_100706/

10. INTERNATIONAL BUSINESS TIMES「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://jp.ibtimes.com/press-release/20160502/1682633

11. J-sta.com「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.j-sta.com/RSSnews/NEWS003/atpress_100706.html

12. Mapionニュース「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.mapion.co.jp/news/release/ap100706/

13. MarkeZine「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://markezine.jp/release/detail/605718

14. N+NewsRelease「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://news.nplus-inc.co.jp/index.php?action=ViewDetail&number=322075

15. NC network「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.nc-net.or.jp/news/view/6387/

16. rentaloffice.bz※「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://rentaloffice.bz/

17. SankeiBiz「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/160502/prl1605021032017-n1.htm

18. SANSPO.COM「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.sanspo.com/geino/news/20160502/prl16050210320015-n1.html

19. SEOTOOLS「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.seotools.jp/news/id_at_100706.html

20. zakzak「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.zakzak.co.jp/economy/pressrelease/news/20160502/prl1605021032014-n1.htm

21. えんウチ「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://enuchi.jp/press-release/29420

22. とれまがニュース「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://news.toremaga.com/release/tech/794922.html

23. クイックオーダー※「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.quickorder.jp/q_news/banneta/index.php

24. ジョルダンニュース!「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=AO100706

25. ビズハック!「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.biz-hacks.com/pressrelease/?id=35563

26. 伝説の営業マン「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.topsalesman.net/press/index.php?id=98350

27. 徳島新聞Web「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.topics.or.jp/press/news/2016/05/Atpress100706.html

28. 朝日新聞デジタル&m「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CATP2016100706.html

29. 財経新聞「新発想の物質運搬技術を開発 光を当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出」(2016年5月2日)
http://www.zaikei.co.jp/releases/353606/

30. El Hormiguero (スペインTV番組, Antena 3), (Clara Lago (2008年「スペイン映画の最優秀新人俳優」), Leonardo Sbaraglia (ゴヤ賞の最優秀新人男優賞) 出演) (2016年7月6日)

31. The Sience Explorer「Laser-Driven Liquid Marbles Can Pull 150 Times Their Own Weight」(2016年4月19日)
http://thescienceexplorer.com/technology/laser-driven-liquid-marbles-can-pull-150-times-their-own-weight

32. Daily Planet, Discovery Channel Canada「Laser Move」(2016年4月15日)
https://review.bellmedia.ca/view/1225130098#

33. 日刊工業新聞 「光で水面上を運搬 目的地で荷下し:大阪工大など 遠隔操作技術」
4月15日付朝刊(22364号)23面(科学技術・大学面)(日刊工業新聞)

34. GineersNow News「Tiny laser-driven robots can deliver drugs inside your body」(2016年4月15日)
http://gineersnow.com/details/these-tiny-laser-driven-robots-can-deliver-drugs-anywhere-in-the-body

35. Yahoo! Tech「This tiny liquid marble can push/pull 150 times its own weight」(2016年4月18日)
https://www.yahoo.com/tech/much-bench-bro-liquid-marble-142045567.html

36. Twrix Technology NEWS「Laser-driven liquid marbles can push 150 times their own weight」(2016年4月13日)
http://twrix.com/news/world/

37. Digital Trend「How much do you bench, bro? This tiny liquid marble can push/pull 150 times its own weight」(2016年4月18日)
http://www.digitaltrends.com/cool-tech/laser-powered-liquid-marble/

38. 科技资讯 「日本新技术,能使毫米水珠拉动自身百倍重物体」(2016年4月15日)
http://www.imdaike.com/zh-CN/displaynews.html?newsID=398170

39. 流媒体网 「日本新技术,能使毫米水珠拉动自身百倍重物体」(2016年4月15日)
http://www.lmtw.com/home/201604/129666.html

40. 环球科技 「日研发毫米大水珠 可移动超自身数百倍重量物体」(2016年4月14日)
http://www.cnbeta.com/articles/492515.htm

41. 股市行情 「新型激光疗法有望掀医疗革命 概念股站上风口」(2016年4月15日)
http://www.gushq.com/html/bankuaijujiao/2016/0415/22164.html

42. Chinanews (中国新聞網) 「光变身“快递员” 或用于人体特定部位药物输送」(2016年4月14日)
http://www.chinanews.com/jk/2016/04-14/7834337.shtml

43. Geek Journal 「Laser-driven liquid marbles can push 150 times their own weight」(2016年4月恐らく15日)
http://www.geekjournal.net/articles/2016/04/laser-driven-liquid-marbles-can-push-150-times-their-own-weight-75652.html

44. Phys.org. 「Liquid marbles can be caused to move with laser light」(2016年4月14日)
http://phys.org/news/2016-04-liquid-marbles-laser-video.html

45. DailyMail (UK) 「Tiny laser-driven robots could deliver drugs anywhere in the body」(2016年4月13日)
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3538336/Tiny-laser-driven-robots-deliver-drugs-body-Video-shows-water-marbles-pulling-150-times-weight.html

46. Gizmodo Australia 「Laser-Powered Balls Can Haul Heavy Loads Across Water」(2016年4月14日)
http://www.gizmodo.com.au/2016/04/laser-powered-balls-can-haul-heavy-loads-across-water/

47. Gizmodo India 「Laser-Powered Balls Can Haul Heavy Loads Across Water」(2016年4月14日)
http://www.gizmodo.in/science/Laser-Powered-Balls-Can-Haul-Heavy-Loads-Across-Water/articleshow/51811354.cms?utm_source=GIZ&utm_medium=feed&utm_campaign=GIZMODO

48. Gizmodo 「Laser-Powered Balls Can Haul Heavy Loads Across Water」(2016年4月13日)
http://gizmodo.com/laser-powered-balls-can-haul-heavy-loads-across-water-1770686574

49. NewScientist 「Laser-driven liquid marbles can push 150 times their own weight」(2016年4月13日)
https://www.newscientist.com/article/2084124-laser-driven-liquid-marbles-can-push-150-times-their-own-weight/
NewScientist, 16 April 2016, Page ??

50. Welt der Physik (Germany)「Gefüllte Mikrokugeln mit Licht gesteuert」(2016年3月17日)
http://www.weltderphysik.de/gebiet/technik/news/2016/mikrokugeln-mit-licht-gesteuert/

51. @nifty ビジネス「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://business.nifty.com/cs/catalog/business_release/catalog_atp95152_1.htm

52. @Press「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月21日)
https://www.atpress.ne.jp/news/95152

53. BIGLOBEニュース「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://news.biglobe.ne.jp/economy/0318/atp_160318_5911413202.html

54. Bizloopサーチ「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://www.bizloop.jp/release/AT95152/

55. bizocean「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月21日)
http://www.bizocean.jp/news/pr/

56. BlogPeople「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://www.blogpeople.net/press_detail.html?pr_id=95152&charset=UTF-8

57. ctiweb「【バイオミメティック】大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月19日)
http://www.ctiweb.co.jp/jp/news/2264-2016-03-19-oosaka.html

58. EnterpriseZine「【バイオミメティック】大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://enterprisezine.jp/release/detail/73205

59. excite.ニュース「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://www.excite.co.jp/News/release/Atpress_95152.html

60. goo ビジネス EX「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://bizex.goo.ne.jp/release/detail/867579/

61. Infoseek ニュース「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://news.infoseek.co.jp/article/atpress_95152/

62. J-sta.com「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月19日)
http://www.j-sta.com/RSSnews/NEWS003/atpress_95152.html

63. Mapionニュース「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://www.mapion.co.jp/news/release/ap95152-all/

64. MarkeZine「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://markezine.jp/release/detail/590772

65. mediajam「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月19日)
http://mediajam.info/topic/650752

66. N+NewsRelease「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://news.nplus-inc.co.jp/index.php?action=ViewDetail&number=315674

67. NC network「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://www.nc-net.or.jp/news/view/6191/

68. rentaloffice.bz「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月21日)
http://rentaloffice.bz/

69. SankeiBiz「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/160318/prl1603181732130-n1.htm

70. SANSPO.COM「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://www.sanspo.com/geino/news/20160318/prl16031817320111-n1.html

71. SEOTOOLS「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://www.seotools.jp/news/id_at_95152.html

72. StartHome「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://home.kingsoft.jp/news/pr/atpress/95152.html

73. zakzak「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://www.zakzak.co.jp/economy/pressrelease/news/20160318/prl1603181732111-n1.htm

74. とれまがニュース「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://news.toremaga.com/release/tech/778609.html

75. ぽたるニュース「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://potaru.com/news/article/atPress-200800131680.html

76. クイックオーダー「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月21日)
http://www.quickorder.jp/q_news/banneta/index.php

77. ジョルダンニュース!「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=AO95152

78. ビズハック!「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月19日)
http://www.biz-hacks.com/pressrelease/?id=32906

79. 伝説の営業マン「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://www.topsalesman.net/press/index.php?id=93822

80. 徳島新聞Web「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://www.topics.or.jp/press/news/2016/03/Atpress95152.html

81. 朝日新聞デジタル&m「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CATP201695152.html

82. 財経新聞「大阪工業大学発表の粉末状粘着剤、国内外から注目~虫がヒントとなった新時代の粘着剤~」(2016年3月18日)
http://www.zaikei.co.jp/releases/339615/

83. 化学工業日報「アブラムシに着想 粉末状粘着剤を開発 」
2016年1月13日 6面

84. 毎日新聞「べとつかない粘着剤:大工大開発 虫の蜜ヒント、電子機器などに応用期待 」
大阪朝刊 2015年11月2日 26面、東京夕刊2015年11月4日 11面
http://mainichi.jp/select/news/20151102k0000m040044000c.html
11月1日(日)20時3分配信
Mainichi Daily News「Researchers produce granular glue that's not sticky until pressed down」2015年11月3日
http://mainichi.jp/english/articles/20151104/p2a/00m/0na/012000c
Yahoo! JAPANニュース(科学 トップニュース)「粒状の粘着剤を開発 工業分野で応用広く」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-00000041-mai-sctch

85. 毎日放送 Voice 「大阪工業大学が開発 アブラムシがヒント・・・新しい粘着剤」10月29日(木)

86. ChemistryWorld “Pressure brings liquid marbles to a sticky end”
10月16日(金)
https://www.chemistryworld.com/research/pressure-brings-liquid-marbles-to-a-sticky-end/9054.article

87. Ny Teknik (Sweden)「Klisterkulan limmar först vid tryck」(2015年11月4日)
http://www.nyteknik.se/nyheter/innovation/forskning_utveckling/article3943771.ece

88. NewScientist 「Powdered glue goes on dry and sticks when squished」(2015年11月13日)
https://www.newscientist.com/article/dn28489-powdered-glue-goes-on-dry-and-sticks-when-squished/
NewScientist, 21 November 2015, Page 16

89. Hackaday「Powdered Glue Activates when Squished」(2015年11月15日)
http://hackaday.com/2015/11/15/powdered-glue-sticks-when-squished/

90. Digital Journal 「New super glue only becomes sticky when crushed」(2015年11月16日)
http://www.digitaljournal.com/science/new-super-glue-only-becomes-sticky-when-crushed/article/449564

91. Popular Mechanics 「Glue Pebbles Become Sticky Only When You Crush Them」(2015年11月16日)
http://www.popularmechanics.com/technology/a18203/glue-pebbles-nanoparticles/

92. Gizmodo 「This Dry Glue Only Becomes Sticky When You Crush It」(2015年11月16日)
http://gizmodo.com/this-dry-glue-only-becomes-sticky-when-you-crush-it-1742739431?utm_expid=66866090-67.e9PWeE2DSnKObFD7vNEoqg.0&utm_referrer=http%3A%2F%2Fwww.altmetric.com%2Fdetails%2F4646342%2Fnews

93. Интернет издание Багнет「Японцы создали клеящий порошок (ВИДЕО)」(2015年11月18日)
http://www.bagnet.org/news/tech/271103

94. 中国科学报「粉末黏合剂在被压扁时会变干并产生黏性」(2015年11月18日)
http://scitech.people.com.cn/n/2015/1118/c1057-27827656.html

95. Physicstoday「News Picks : Nanoparticles used to create powder that becomes sticky when squished」(2015年11月18日)
http://scitation.aip.org/content/aip/magazine/physicstoday/news/news-picks/nanoparticles-used-to-create-powder-that-becomes-sticky-when-squished-a-news-pick-post?TRACK=RSS

96. TECH TIMES 「New Dry Pellets Become Glue When Smashed」(2015年11月18日)
http://www.techtimes.com/articles/107949/20151117/new-dry-pellets-become-glue-when-smashed.htm

97. Helsingin Sanomat (Finland) 「Japanilaistutkijat kehittivät helposti käsiteltävän ”palleroliiman” 」(2015年11月18日)
http://www.hs.fi/tiede/a1447745663192

98. DailyMe「Powdered glue goes on dry and sticks when squished」(2015年11月18日)
http://dailyme.com/story/2015111800003157

99. Новое Время (Ukraine)「Ученые из Японии создали "жидкий мрамор"」(2015年11月19日)
http://nv.ua/techno/science/uchenye-iz-japonii-sozdali-zhidkij-mramor-74764.html

100. Notey「Japanese Scientist Invents Dry Glue that Looks Like Breath Mints」(2015年11月20日)
http://www.notey.com/external/6956017/japanese-scientist-invents-dry-glue-that-looks-like-breath-mints-research-technology-japan-invention-glue-strange-wonderful-weird-science.html

101. Co.Design「Glue Marbles: The Dippin’ Dots Of Advanced Adhesives: What if glue wasn’t sticky until you wanted it to be?」(2015年11月24日)
http://www.fastcodesign.com/3053886/glue-marbles-the-dippin-dots-of-advanced-adhesives

102. Adhesivies & Sealants Industry「Japanese Scientists Develop Pressure Sensitive Adhesive Pearls」(2015年11月24日)
http://www.adhesivesmag.com/blogs/14-adhesives-blog/post/94295-japanese-scientists-develop-pressure-sensitive-adhesive-pearls

103. techniek en wetenschap (Belgium)「Niet-plakkende lijm」(2015年11月25日)
https://www.technischweekblad.nl/nieuws/niet-plakkende-lijm/item8179

104. Technology Vista「This Powdered Glue Sticks When Squished」(2015年12月2日)
http://www.technologyvista.com/pin/this-powdered-glue-sticks-when-squished/

105. 接着剤新聞 「アブラムシの習性に着目 粘着剤の粉末化に成功」
2015年10月1日(木曜日)4面

106. 日刊工業新聞 「ホタテ貝殻 有効利用」
2013年12月16日(月曜日)
(日刊工業新聞)
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1520131216eaac.html
(J-Net21中小企業ビジネス支援サイト)
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/shigen/news/131216-3.html

107. 日刊工業新聞 「ネイチャー・インダストリー・アワード~若手研究者からの発信~受賞者の研究概要」
2012年12月21日(金曜日)13面

108. 接着剤新聞 「環境適応型手法で触媒合成 接着材の開発・原料合成に活用」
2010年7月20日(火曜日)3面

109. 接着剤新聞 「高分子微粒子で水滴を安定化 接着システムへの応用も」
2010年2月1日(月曜日)4面

110. 電波新聞 NEDO特別寄稿(第13回)「出口を見据えた材料研究開発」
2010年3月25日

111. 化学工業日報 「細胞接着性8倍に~アパタイト単結晶コート微粒子を利用~」
2010年2月16日

112. 日刊工業新聞 「ナノテクで血管新生」 
2010年3月8日
【YouTube】
https://www.youtube.com/watch?v=u2TArGB-79Y

工学部 一般教育科

林 正人 (ハヤシ マサヒト)

教授 理学博士

素粒子理論、量子重力理論、大学教養教育、大学物理教育

1)素粒子理論、とくに超弦理論をふまえた量子重力理論における諸問題について関心を持って研究しおり、この領域に関係する点について、コメント可能です。 
2)高等教育に関して、工学部における物理教育、更に教養教育(一般教育)のあり方から、導入教育、初年時教育、それらに繋がる専門教育、カリキュラム等について、コメント可能です。

キーワード:超弦理論、量子重力、超対称性、教養教育、物理教育、初年時教育、導入教育

【過去のコメント実績】
2011年3月5日 読売新聞 工学部における新入生の学力低下の現状、それに対する教員間の危機意識について取材を受けました(関西の私立大学として記事には掲載)。

研究室ナビ

情報科学部 情報システム学科

真貝 寿明 (シンカイ ヒサアキ)

教授 博士(理学)

理論物理学(相対性理論,宇宙物理学)、数学(微分方程式,確率統計)、天文学史,物理学史

一般相対性理論、特殊相対性理論を中心とした宇宙物理学をフォローしています。ブラックホール、初期宇宙論、高次元時空モデル、修正重力理論などを数値シミュレーション研究を行っている他、拘束条件の存在する時間発展数値計算手法についての方法論、重力波データ解析方法論も研究の1つの柱としています。日本の重力波干渉計プロジェクトKAGRAのScience Congress委員長(2017年8月より,2019年再任,2021年8月で任期満了)。国際重力波組織(GWIC)委員(2018-2021)。
一般向け活動として組織「てんもんぶ」を立ち上げ、関西圏の星空観望会や科学工作教室、移動プラネタリウム解説なども行っています。

2021年度の外部研究資金(科研費 )
基盤研究(B) 「重力波データ抽出方法の開発:新たな解析手法および分散型コンピューティングの導入」 (研究代表)
挑戦的研究(萌芽)「天文文化学の創設:天文と文化遺産を結ぶ文理融合研究の加速」 (研究代表)
新学術「重力波物理学・天文学:創世記」 A01計画研究 「重力波データ解析による重力理論の検証」(研究分担)
基盤研究(C)「修正重力理論における非線形ダイナミクスと超弦理論の検証」(研究分担)

キーワード:ブラックホール、ワームホール、タイムマシン、アインシュタイン、相対性理論、重力波、天文文化

【過去のコメント実績】
以下は,着任以降のアウトリーチ活動です.(研究活動業績は除く)

【著書】
『Handbook of Gravitational Wave Astronomy』 (Springer, 2022) 共著
『すべての人の天文学』(日本評論社、2022) 共著
『現代物理学が描く宇宙論』(共立出版、2018) 単著
『日常の「なぜ」に答える物理学』(森北出版、2015)単著
『ブラックホール・膨張宇宙・重力波』(光文社、2015)(韓国語版 Kachi Publishing、2018?)単著
『図解雑学 タイムマシンと時空の科学』(ナツメ社、2011)単著
『徹底攻略 微分積分 改訂版』(共立出版、2013) 『徹底攻略 微分積分』(共立出版、2009)単著
『徹底攻略 常微分方程式』(共立出版、2010)単著
『徹底攻略 確率統計』(共立出版、2012)単著

【翻訳書】
『演習 相対性理論・重力理論』(森北出版、2019) ライトマンほか著、鳥居隆氏と共訳
『宇宙のつくり方』(丸善出版、2016) ギリランド著、鳥居隆氏と共訳

【編集】
『天文文化学序説 分野横断的にみる歴史と科学』(思文閣、2021) 共編・共著
『相対論と宇宙の事典』(朝倉書店,2020年6月) 「第2章 一般相対性理論」編集担当 3項執筆

【解説記事執筆(一般向け)】
2021年9月 「天文月報」(日本天文学会)「天文文化学」創設の試み (真貝,松浦,米田,横山 共著)
2020年11月 『天文教育』(天文教育普及研究会)「今年のノーベル物理学賞 脚注の多い解説」執筆
2020年10月 ウェブメディア 論座(朝日新聞)「ブラックホールでまとめた今年のノーベル物理学賞」執筆
https://webronza.asahi.com/science/articles/2020101000005.html
2020年3月 新学術領域研究「重力波物理学・天文学:創世記」ニュースレター3号:「KAGRA観測開始へ」執筆
https://gw-genesis.scphys.kyoto-u.ac.jp/ilias/goto_root_lm_2261.html
2019年8月号 雑誌『現代思想』「ブラックホール理論とその周辺」
2018年12月 雑誌 『数理科学』「ブラックホールと重力波」
2017年12月号 雑誌 『科学』(岩波書店)12月号 『光格子時計による重力波検出』(共著;玉川徹,真貝寿明,野田篤司,香取秀俊,牧野淳一郎,戎崎俊一)
2017年1月号 雑誌 『学術の動向』(日本学術会議編集協力,日本学術協力財団発行)1月号 『大学初年次における科学力と高大接続 科学リテラシーテストの結果報告』
2016年7月 雑誌 『窮理』4号:「予想通りで驚いた 重力波初観測の報道に接して」
2016年3月 雑誌 『クーリエジャポン』電子版 「人類が初めて観測した「重力波」を、アインシュタインは100年前に予言していた」
2015年7月 雑誌 『数理科学』「テンソル計算ソフトウェア リーマンテンソルが一瞬で計算できる」
2013年5月 『日本物理学会誌』 新著紹介「科学をどう教えるか: アメリカにおける新しい物理教育の実践(E.F.レディッシュ著,日本物理教育学会監修, 翻訳) 」
2009年11月 『日本物理学会誌』 新著紹介「パソコンで宇宙物理学 計算宇宙物理学入門(ポール・ヘリングス著,川端潔訳,国書刊行会,2009)」
ほか

【インタビュー・対談】
2020年8月 ウェブメディア『ほとんど0円大学』「研究者の質問バトン(1)タイムマシンって本当につくれるの?」http://hotozero.com/knowledge/baton_1_timemachine/
2017年5月 雑誌『子供の科学』5月号 特集「時間ってなに?」 インタビュー
2015年11月 電子マガジン『Synodos.jp』「生き残っていく理論が物理となる---宇宙と相対性理論の最前線」https://synodos.jp/newbook/15536
2015年11月 劇団SET「虹を渡る男たち」公演パンフレット掲載「スペシャル対談 真貝寿明vs三宅裕司 人類悲願の夢。タイムマシンに「どこでもドア」、実現するのはどっち!?」
2014年10月 雑誌『子供の科学』10月号 特集「科学の謎 未解決ファイル」子供達の謎第1位タイムマシン インタビュー

【取材協力・編集協力】
2021年12月 丸善『理科年表2022年版』「重力波」の項,新規執筆
2021年11月 フレーベル館「しぜん」シリーズ 11月号「うごく」編集協力
2021年8月27日 読売新聞 科学医療欄 科学医療欄「こぼれ話」コメント掲載
2021年8月13日 読売新聞 科学医療欄 「アインシュタインのノーベル賞受賞100年」コメント掲載
2021年6月 Newton 8月号「タイムトラベル映画を科学する」編集協力
2021年6月 『法則の事典』 (ニュートンムック) 編集協力
2021年1月 『ゼロからわかる相対性理論 改訂第2版』(ニュートンムック) 編集協力
2020年9月 『単位と法則 大百科』 (ニュートンムック) 編集協力
2020年8月 『時間とは何か 改訂第2版』 (ニュートンムック) 編集協力
2020年7月 『天文宇宙検定公式問題集1級』(恒星社厚生閣)執筆協力
2020年3月 『日経ビジネス』 (日経BP社) 特集「世界のヤバい研究 変人が真の革新を生む」取材協力
2019年8月 『天文宇宙検定1級公式問題集』(恒星社厚生閣)執筆協力
2019年5月 Newtonライト『法則の事典』 (ニュートンムック) 編集協力
2018年10月 Newtonムック『単位と法則 新装版』 (ニュートンムック) 編集協力
2018年9月 Newtonムック『時間とは何か 新訂版』 (ニュートンムック) 編集協力
2018年8月 『天文宇宙検定1級公式問題集』(恒星社厚生閣)執筆協力
2017年7月 雑誌 Newton 7月号「双子のパラドックス」取材協力
2016年10月 『天文宇宙検定1級公式問題集』(恒星社厚生閣)執筆協力
2016年3月24日 毎日新聞 科学欄「ブラックホールの実像に迫る」取材協力,コメント掲載
2016年2月13日 毎日新聞 コメント掲載(重力波初検出に関して)
2016年2月12日 東京新聞 コメント掲載(重力波初検出に関して)
2014年10月 『天文宇宙検定1級公式問題集』(恒星社厚生閣)編集協力
2014年3月 雑誌Newton別冊『あらゆる単位と重要原理・法則集』 (ニュートンムック) 編集協力
2013年6月 雑誌 R25 「映画マイティ・ソーに出てくるワームホール」解説
2012年12月 映画「LOOPER/ルーパー」 の配給元から、コメントを求められたので、回答。web掲載.
2012年10月 『天文宇宙検定1級公式問題集』(恒星社厚生閣)編集協力
2012年9月 雑誌Pen+『大人のための藤子・F・不二雄』 タイムトラベル論 誌上講義
2012年6月 雑誌Newton別冊『光速C』 (ニュートンムック) 編集協力
2012年5月 雑誌Newton別冊『相対性理論とタイムトラベル キップ・ソーン博士が語る時空旅行』 (ニュートンムック) 編集協力
2012年1月 雑誌 Newton 3月号「タイムトラベルを科学する」取材協力
2011年10月 雑誌 Newton 12月号「光速の壁がやぶられた!? ニュートリノは本当に超光速なのか」取材協力,コメント掲載
2011年10月25日 毎日新聞 科学欄「相対性理論って何?」取材協力,コメント掲載
ほか

【一般向けの招待講演(有料または申し込み制)】
2022年1月 朝日カルチャーセンター西新宿教室「ブラックホールって何? 物理学者の考えるブラックホールと,天文学者の扱うブラックホール」
2022年1月 西宮市宮水学園サイエンスコース「ブラックホールと重力波」
2021年12月 大阪市立科学館×大阪市中央公会堂『99年目のアインシュタイン』 「100歳を超えた相対性理論」
2021年12月 西宮市宮水学園サイエンスコース「相対性理論におけるパラドックス」
2021年7月 第11回高校生天文活動発表会 「アインシュタインはどこまで正しい? 検証が進む相対性理論」
2021年3月 サークルすばる 「最近の宇宙研究の進展」
2021年2月 奈良シニア大学 「惑星探査と太陽系外惑星探査:地球外生命体は見つかるか?」
2020年12月 西宮市宮水学園ラジオ版教養講座「アインシュタインはどこまで正しい? 検証が進む相対性理論」
2020年10月 奈良シニア大学「天文と文化の交流 日本に西洋物理学を紹介した蘭学者たち」
2020年7月 第10回高校生天文活動発表会(延期)
2020年6月 西宮市生涯学習大学「宮水学園」自然科学講座 3回分(延期)
2019年12月 舞鶴高専ジュニアドクター講座
2019年4月-2019年9月 毎日文化センター(梅田)『宇宙はどこまで解明されたか』 全6回講座
2018年10月-2019年3月 毎日文化センター(梅田)『宇宙をひもとく物理学』 全6回講座
2018年7月 枚方市立枚方公園青少年センター夏休み教室「アインシュタインが16歳のときに考えていたこと」
2018年6月 西宮市生涯学習大学宮水学園せいかつ講座「こんなところに物理学」
2016年6月-3月 西宮市生涯学習ラジオ講座 「宇宙はここまで理解された 宇宙物理学入門」全10回.
2015年5月-9月 西宮市宮水学園マスター講座「日常は物理で満ちている」全10回.
2014年2月 東海高校・中学校,サタデープログラム講演「相対性理論の世界」

【一般向けの講演(公開型)】
2018年7月 けいはんな記念公園サイエンスフェスタ2018特別セミナー「ブラックホールと重力波」講師
2017年11月 科学技術館 科学ライブショー「ユニバース」 ノーベル賞記念特別番組「重力波観測は物理学から天文学へ」Youtubeあり https://www.youtube.com/watch?v=PEeQOaS798c , ニコニコ動画で中継
2017年10月 NHKサイエンスZERO公開収録「科学の未解決問題 タイムマシンはできるのか」(日本科学未来館)[11月5日放映]
2017年9月 慶應義塾高等学校,科学講演会「ブラックホールと重力波」
2016年11月 サイエンスアゴラ2016シンポジウム『これからの高校理科教育のありかた』登壇.(日本科学未来館)
2016年8月 近鉄あべのハルカス本店宇宙博2016,特別セミナー「ブラックホールはどう見える?」
2016年5月 科学技術館 科学ライブショー「ユニバース」 重力波検出記念特別番組.Youtubeあり.
2015年4月 あべのハルカス展望台 皆既月食観望会 解説.
2014年10月 あべのハルカス展望台 皆既月食観望会 解説. Ustreamでも中継.
2014年1月 ラジオNIKKEI第2(RN2)「Groovin' x Groovin'」番組.『時空の科学 タイムマシンの可能性』4話解説
2009年7月 兵庫県立大学主催 日食観測アカデミックツーリズム・サイエンストーク「タイムマシンはできるのか 相対性理論入門」
ほか

【その他の活動】
2022年4月 雑誌『窮理』21号(窮理舎)「滑稽窮理 臍の西国 -- 明治初頭の啓蒙書ブームと増山守正」
2022年3月 第13回HOPEミーティング(日本学術振興会)モデレータ
2021年7月 Plenary talk at Cosmology from Home https://www.cosmologyfromhome.com/cosmology-from-home2021/
2021年7月 第11回高校生天文活動発表会 招待講演「アインシュタインはどこまで正しい? 検証が進む相対性理論」
2020年10月 雑誌『新そば』エッセイ「そば打ちを習う」
2017年8月 天文教育普及研究会2017年年会 (京都) 天文学最前線招待講演「重力波 直接観測の意義と展望」
2016年8月 International Science School 2016 (横須賀リサーチパーク) 講師
2016年7月 摂南大学第1回数理セミナー 数理教育の教材開発に関する討論会 「私が教科書執筆で心がけたこと」
2016年3月 日本天文学会 (首都大学東京),天文教育フォーラム「教科書:読む・読ませる・書く」招待講演
2016年3月 日本物理学会 (東北学院大学) 相対論・宇宙論セッション座長
2015年11月 大阪工業大学 一般相対性理論誕生100年記念展「光と宇宙と相対性理論」企画協力
2015年3月 日本天文学会 (大阪大学) ジュニアセッション座長
ほか

【一般書の被引用】
2013年5月 「日本人と宇宙」(二間瀬敏史著、朝日新書)に、河津君の卒業研究が紹介される
2007年6月 「ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く」(リサ・ランドール著、NHK出版)に氏名が登場する

2013--2016年度は,本学の国際交流センター長を務めていましたが,その間の国際交流に対するコメント等は上記に含めておりません.
研究関連の業績については,研究室ホームページをご参照ください.http://www.oit.ac.jp/is/shinkai/
研究業績については外部サイトでもご確認いただけます.
http://orcid.org/0000-0003-1082-2844
https://scholar.google.co.jp/citations?user=zxwrmYQAAAAJ
https://publons.com/author/1293012/hisa-aki-shinkai#stats
【YouTube】
科学ライブショー「ユニバース」特別番組 重力波観測は物理学から天文学へ

研究室ナビ

情報科学部 情報メディア学科

神田 智子 (コウダ トモコ)

教授 博士(情報学)

ヒューマン-エージェント・インタラクション(HAI)、ヒューマン-コンピュータ・インタラクション(HCI)、ヒューマン-ロボット・インタラクション(HRI)、非言語行動、社会的信号処理

週刊東洋経済2019/11/30号「特集:本当に強い理系大学」の『トップ研究室に入る方法「進学先は研究室で選ぶ」』(38-43ページ)に、情報系(人工知能・知覚・インターフェース・ロボット系)ヒューマンエージェント研究分野で、日本を代表する研究者の一人として、当研究室が掲載されました.

キーワード:HAI、HRI、対話エージェント、社会的対話ロボット、非言語行動、文化適応、異文化コミュニケーション、社会的信号処理

【過去のコメント実績】
人間らしい振舞いを行う擬人化エージェントや対話ロボットの開発とインタラクション評価,文化適応した振舞いを実装したエージェントやロボットによる異文化コミュニケーションの研究を行っています.
【YouTube】
大阪工業大学情報科学部ヒューマンインタフェース研究室紹介

研究室ナビ

情報科学部 ネットワークデザイン学科

矢野 浩二朗 (ヤノ コウジロウ)

准教授 博士(生理学)

情報生命科学、医学、VR、バーチャルリアリティ

ウェブ、スマホあるいはタブレットを用いた教育、
日本と海外の大学教育の比較(ケンブリッジ大学での教員経験あり)

キーワード:インターネット、IT、スマホ、スマートフォン、タブレット、デジタル教育、大学、留学、海外、グローバル教育

研究室ナビ

情報科学部 ネットワークデザイン学科

樫原 茂 (カシハラ シゲル)

准教授 

情報ネットワーク、インターネット工学、社会システム工学

インターネット通信技術をベースにIoT・AI技術等を用いた複合領域の研究に取り組んでいます.社会に密接した研究活動を行うため,消防防災分野においては,高知市消防局,他大学,企業と連携し,ドローンやセンサーを用いた研究開発を行っており,他にもワタリガニ養殖に関する研究開発をインドネシアとの国際連携により取り組むなども行っています.参考URL:https://sites.google.com/view/chslab/

キーワード:インターネット、IoT、ドローン、センシング、消防、防災、養殖、デバイス間通信、AI、Beyond 5G

研究室ナビ

知的財産学部 知的財産学科

井村 誠 (イムラ マコト)

教授 博士(言語文化学)

言語文化教育、英語教育(ESP・CLIL)、英語学(コーパス言語学・機能主義言語学)

「理工系大学の英語教育」 今日、理工系大学の学生は、ある意味で文系の学生以上に英語を使うことが求められています。そのために資格試験などを活用して、実用的な英語能力を高めることも大切ですが、それだけでは足りません。本当に英語が使えるようになるためには、教養が必要です。それは専門知識とは別に、文化や芸術に対する幅広い関心に根付くものです。特に日本人としてグローバル社会で活躍していくためには、自国の文化に対する理解と、それを発信する力が必要です。英語に限らず、外国語は心の窓です。ことばの学習を通じて、幅広い教養を身につけ、世界に飛び立っていって欲しいと思います。

キーワード:言語文化教育、英語教育、ESP、CLIL

工学部 総合人間学系教室〔語学〕

椋平 淳 (ムクヒラ アツシ)

教授 教育学修士

英米演劇、文化政策、ESP(分野別英語)

地方自治体(京都府、京都市等)や各地のNPO・公益法人等が主催する演劇関連事業の企画・運営にプロデューサーとして長年携わり、現在も京都府等が主催する「Kyoto演劇フェスティバル」実行委員長を務めると同時に、京都府立文化芸術会館でシアターアドバイザーの役職を担っています。また、英語教育の分野では、ESP(分野別英語)のアプローチにもとづいた大学生用教材(工学、経済・経営学、医学等)を多数出版し、全国の大学で使用されています。

キーワード:地域演劇、地域演劇祭、文化振興、文化行政、コミュニティ・デザイン、生涯活動、社会的包摂

【過去のコメント実績】
1991 読売新聞 シェイクスピアの現代的演出
1998 読売新聞 地域の親子向け創造力育成事業
2005 NHK Kyoto演劇フェスティバル紹介
2011 京都府Webチャンネル 国民文化祭・
    京都2012「現代劇の祭典」
2012 α-STATION(エフエム京都)
    Kyoto演劇フェスティバル紹介

研究者情報(研究シーズ)はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学